各地の菓子店探訪一覧

白玉屋榮壽
2016.11.21[奈良県菓子店]

白玉屋榮壽

大和三輪大社の極上もなか  奈良の中程に位置する三輪山はその優美な容で愛でられるが、神の山として「三諸(みむろ)山」とも呼ばれる。「大神神社(おおみわじんじゃ)」はこの山をご神体とあがめこの地にある。  その大神神社の大鳥居の前に白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ...

紀州銘菓吉宗ポテト 人気上昇

紀州銘菓吉宗ポテト 人気上昇

将軍就任300年で脚光  紀州藩主だった吉宗が八代将軍に就任して300年を迎える今年、㈲マニエールが22年前から販売する「吉宗ポテト」が一躍脚光を浴びている。  辻岡秀浩社長と辻岡成晃専務が和歌山市に観光銘菓が少ないので名物になるお菓子を作ろうと新製品の開発に着...

甘味処 禅海茶屋
2016.11.21[大分県菓子店]

甘味処 禅海茶屋

新たな魅力創出へのリスタート  平成24年7月に九州北部を中心に発生した集中豪雨の被害により店舗兼工場「やすらぎ処 青の洞門」の閉店を余儀なくされた耶馬溪(やばけい)観光開発株式会社(中津市)の古園智大(ふるぞのともひろ)氏は、祖父であり創業者の故古園静馬(...

和菓子処 かんだ和彩
2016.11.21[埼玉県菓子店]

和菓子処 かんだ和彩

喫茶店の様な和菓子屋  埼玉県熊谷市、老舗デパートの国道を挟んだ向かい側に、去年そのお店はオープンしました。『炙りだんご』と書かれた大きめなのれんが目立つお店で、屋号は『和菓子処 かんだ和彩』今年の11月で開店一周年との事なので、取材のお願いをしたところ、快...

次世代への情報発信で和菓子の需要を増やす
2016.11.21[香川県菓子店]

次世代への情報発信で和菓子の需要を増やす

 当社は香川県丸亀市で創業43年目を迎える和洋菓子併売店です。飯野山(讃岐富士)のふもとにある飯山本店と、同市川西町にある郡家店の2店舗で地域密着型の営業をしております。私は大学を卒業後、愛知県安城市の両口屋菓匠で4年半修業し故郷の香川へ帰ってきました。ここ...

初心を忘れず前向きに!
2016.10.17[岐阜県菓子店]

初心を忘れず前向きに!

養老軒  私は、岐阜県で養老軒という和菓子店を経営しています。  私はサラリーマンの家庭で育ち、19歳の時に主人と結婚して現在に至っております。主人は今、岐阜県菓子工業組合の理事長として、少しでもお世話になってきた組合に恩返し出来る様、日々奮闘しております。 ...

菓子匠 松栄堂の取り組み
2016.10.17[青森県菓子店]

菓子匠 松栄堂の取り組み

時代の変化を分析したお菓子  当社は創業昭和39年、今年で52周年を迎え、ようやく業界では中堅とされております。  私は二代目として、高卒後、神田「ささま」に、兄は新宿の洋菓子店に、弟は大田区の「鵜ノ木」に、それぞれ修行して技術を身につけ青森に帰ってまいりました...

新幹線開通への期待
2016.10.17[福井県菓子店]

新幹線開通への期待

五月ヶ瀬のチャレンジ  今の日本全体を見渡せば高齢化により、団塊の世代以上の年代が全人口の4分の一を占め、消費市場も115兆円を超える時代となった。その世代の金融資産は世帯平均で2000万円を超える。これからは資産を持っている世代が老後を謳歌する時代とも言...

これまでもこれからも
2016.10.17[秋田県菓子店]

これまでもこれからも

秋田県産にこだわり、全国へ発信するお菓子づくりを  当社の創業は大正11年で秋田諸越「炉ばた」が主力商品ですが、和洋銘産菓子米菓を製造販売致しております。子会社に創業312年の杉山壽山堂、170年の翁屋開運堂他、提携会社として秋田いなふく米菓があります。  平...

彫刻経験による高い技術「菓匠 彩京」
2016.09.16[愛知県菓子店]

彫刻経験による高い技術「菓匠 彩京」

自分が納得したものを出したい  今回は東海道線「岡崎駅」前の直線道路を東に2キロの新興住宅街のメインストリートに構える「菓匠 彩京」様を訪問しました。  店舗は曲線と直線を巧く取り入れた「和モダン」なシンプルな佇まいで、檜の看板や白い暖簾がなければ和菓子専門...