各地の菓子店探訪一覧

地元に根差した まんじゅう乃池田堂
2019.06.18[熊本県菓子店]

地元に根差した まんじゅう乃池田堂

「常在菓道」の心得  玉名市は、熊本県西北部に位置し、天水町はその中でも、南西部にある町です。  古くからみかんの栽培が行われ「みかんの町」としても知られており、ゴールデンウイーク頃にはみかんの花の香りがただよいます。また明治30年には夏目漱石が小天温泉に行き...

繁盛企業訪問 ラコンチュル オカヤス様
2019.05.15[愛知県菓子店]

繁盛企業訪問 ラコンチュル オカヤス様

 西尾市といえば、愛知県中央部を北から南へ流れる矢作川流域の南端にあり、抹茶の生産量日本一を誇る。また、「三河の小京都」として知られている。  今回ご紹介するのは、西尾市から「西尾抹茶」をお菓子に託して発信している地元洋菓子店、お菓子の「オカヤス」さんを紹...

上原菓子舗
2019.05.15[高知県菓子店]

上原菓子舗

地元に密着した和洋菓子店  高知県四万十市は応仁の乱を機に京都から下向した一條教房公から始まる土佐一條家が町を形成。この歴史のある町を中心に清流四万十川と共に歩んできた地域で四万十川橋(地元では有名な赤鉄橋)の橋のたもとで永年商いをされている上原菓子舗さん...

アンジェル洋菓子店の「いちご市セット」
2019.05.15[栃木県菓子店]

アンジェル洋菓子店の「いちご市セット」

 鹿沼市が「いちごの品質日本一」を掲げ、平成28年11月「いちご市」を宣言しました。当店では、地元のお土産品として、焼菓子の詰め合わせ「いちご市セット」を昨年4月に商品化しました。地産地消に力を入れていて、材料の一部にイチゴを使用、鹿沼高生が発案したグラノーラ...

創業400年虎屋本舗
2019.04.15[広島県菓子店]

創業400年虎屋本舗

子供が笑顔になれるお菓子  2020年オリンピックイヤーに創業400年を迎える和菓子屋がある。穏やかな瀬戸内の真ん中に位置し、古くは備後と呼ばれた広島県「虎屋本舗」である。元は廻船問屋を営んでいたが、福山藩初代藩主水野勝成公へ築城の折、饅頭を献上したのが菓...

ごろっとじゅれ
2019.04.15[富山県菓子店]

ごろっとじゅれ

自社加工が叶えた夢のコラボ  昌栄堂は富山県黒部市に本店をかまえ今年で創業64年を迎えます。初代松田昭吉が考案した「西瓜もなか」は、地元「入善ジャンボ西瓜」を独自製法で加工し、白あんに練りこんだラグビーボールの形状の最中で、現在も郷土銘菓としてお客様に喜ばれ...

熊谷市 梅月堂
2019.04.15[埼玉県菓子店]

熊谷市 梅月堂

妻沼聖天山お開帳  今回は熊谷市の妻沼聖天山門前で開業されている梅月堂さんを紹介します。妻沼聖天山は4月16日から22日まで23年ぶり、国宝指定されてからは初の本尊お開帳を行います。大変な賑わいが予想されます。  妻沼聖天山は妻沼を本拠地とする平氏の別当斎藤実盛が...

松村万珠堂
2019.04.15[大分県菓子店]

松村万珠堂

先人の想いを後世へ繋ぐ  大分県の「空の玄関口」大分空港がある国東半島の国東市安岐町で三代続く菓子店「松村万珠堂」を受け継ぐため現在修業中の御手洗和史氏に店の歴史や現況などを聞いた。  はじまりは、東京都で菓子店を営んでいた初代 松村喜六氏が関東大震災で被災...

みやざきのおいも屋さん㈲武田製菓
2019.03.15[宮崎県菓子店]

みやざきのおいも屋さん㈲武田製菓

20種類のさつまいものお菓子  宮崎市の春を告げるイベント、プロ野球とJリーグの春季キャンプが始まりました。宮崎は多彩なスポーツ施設がありプロ、アマを問わずあらゆる競技のチームがキャンプ、合宿、トレーニングに利用されています。  その中の福岡ソフトバンクホーク...

現代の名工
2019.03.15[熊本県菓子店]

現代の名工

「お菓子のあさい」浅井茂宏氏  昨年の堤理事長の春の叙勲に続き、昨年11月には卓越した技能の保持者を表彰する本年度の「現代の名工」に、熊本県菓子工業組合専務理事の浅井茂宏氏が選ばれました。  「お菓子のあさい」は大正6年「浅井製菓」として創業。平成4年に氏が3...