各地の菓子店探訪一覧

御菓子司紅谷三宅
2021.11.17[栃木県菓子店]

御菓子司紅谷三宅

SNSのアカウントを育てて売上を拡大  私が家族4人で営む「御菓子司紅谷三宅」は、益子焼で有名な益子町の隣町である真岡市に父が平成元年に創業したお店です。1年以上経った今でも状況が変わらないコロナ禍。当店は2011年の東日本大震災によって街の中心施設である...

㈱ワタトー
2021.11.17[東京都菓子店]

㈱ワタトー

永年の節目と新生  青年部、関東甲信越ブロック長として、初めての記事はこの社長の会社と決めておりました。  「五家宝」おこし種を水あめなどで固め棒状にした芯を、きな粉に水あめなど混ぜた皮を巻き、さらにきな粉を表面にまぶしたお菓子です。そのお菓子の歴史は、太田...

万寿堂
2021.11.17[長野県菓子店]

万寿堂

創業百年に向けて  当店は大正十二年九月に創業致しました。初代は豆菓子を主に商いをしていましたが、松本五十連隊の御用商人となってからは餡入りドーナツが評判となりました。初代は身体があまり丈夫ではなかったので、お仲間のお力を借りて毎日千個ほど作り、まだ十歳の...

夢菓子工房ことよ
2021.11.17[三重県菓子店]

夢菓子工房ことよ

旅館とのコラボ商品販売  コロナ過でいろいろなイベントなど無くなっている中、三重県四日市の「夢菓子工房ことよ」と津市にある「榊原温泉湯元舘」とのコラボ商品が話題となっている。伊勢神宮参拝の朔日参りに起因し月の初めにお餅を販売するお店も多くありますが古くから...

菓子処 六味庵
2021.11.17[山形県菓子店]

菓子処 六味庵

「失敗から学ぶ」  全国でも話題になったのでご存じの方も多いと思いますが、今年で創業62年を迎える山形県南陽市の菓子処六味庵(むつみあん)さんをご紹介します。  昨年10月、四代目の菅野幹大さん(34歳)は朝から製造の傍ら接客もこなす忙しさです。職場はガラス越しに...

鳥取市の餅屋
2021.11.17[鳥取県菓子店]

鳥取市の餅屋

市内4社を紹介  子どもの誕生日や婚礼、家の新築などの祝い事のほか正月や各種節句の用いられるものに「餅」がある。日本の餅は、もち米を蒸して搗いた「搗き餅」を指す。餅の文化は、稲作と一緒に東南アジアから伝わったらしい。奈良時代の情報を記した「正倉院文書」にも...

株式会社 種新
2021.11.17[滋賀県菓子店]

株式会社 種新

創業100年に向けて  今回は滋賀県、琵琶湖の南に位置する、甲賀市水口町にあります、株式会社種新さんにお邪魔しました。「日本一のもち米」と言われる滋賀羽二重糯のおいしさをそのまま最中種にし、滋賀だけでなく全国に届けている老舗最中種の会社であります。  今回、...

合資会社 伏繁商店
2021.10.15[愛知県菓子店]

合資会社 伏繁商店

材料と技を引き合わせる懸け橋に  今回ご紹介する会社は、愛知県名古屋市中川区に居を構える「合資会社 伏繁商店」様です。明治元年(1868年)創業の和菓子製造には欠かすことのできない道明寺・寒梅粉・白煎・おこし種・もち精白米・うるち精白米を手掛ける材料メーカー...

和菓子おおたけ

和菓子おおたけ

地域の歴史と共に歩む店  横浜市営地下鉄の踊場駅に降り立つと閑静な住宅街でした。まだまだ開発が進みそうな家並みのどこに目指す「おおたけ」は在るのか、町の人に伺うと自分の家を教えるがごとく丁寧に「和菓子」の旗をめざしていくようにと教えてくれました。住民にとっ...

2代目として見えてきた新たな目標
2021.10.15[宮崎県菓子店]

2代目として見えてきた新たな目標

職人歴10年間を振り返って  お菓子のよしだ家は宮崎市佐土原町にあり、今年で創業39年を迎えます。家族経営で地域のお客様に愛される店舗づくりに日々精進しています。一番人気は小麦生地に上品な甘さのこし餡を包み込んだ「佐土原まんじゅう」です。他にも佐土原地区に古く...