各地の菓子店探訪一覧

上尾駿河屋
2017.02.16[埼玉県菓子店]

NEW! 上尾駿河屋

地産地消と上尾さぶれ  今回は地場産農作物を使った地産地消と地元地名を使った菓子を営業の柱としている上尾駿河屋さんの紹介をします。  上尾市はさいたま市の隣で江戸時代に設置された中山道上尾宿を起源とする宿場町です。現在は人口22万人の住宅地ですが、近代に至るま...

巴堂本舗
2017.02.16[愛媛県菓子店]

NEW! 巴堂本舗

道後温泉商店街の顔  平成29年1月25日は、晴天の中、愛媛県は道後温泉商店街「巴堂本舗」さんに、訪問しています。今年は、道後温泉に新しい別館「飛鳥の湯」が9月に出来る予定です。聖徳太子など飛鳥時代に道後温泉に来浴した伝説があり、そのことをイメージして、現在建...

佐伯市 お菓子のうめだ
2017.02.16[大分県菓子店]

NEW! 佐伯市 お菓子のうめだ

お菓子で創る幸せの笑顔  大分県の南東端に位置する佐伯市は、九州の市町村の中では最大の面積を持ち、海、山、里が揃う自然豊かな地域にある。そんな環境や食材にも恵まれた土地で「お菓子のうめだ」を経営する梅田一弘氏は、地産地消をキーワードに素材の味を活かし、美味...

岩倉市 プチ・アマンド
2017.02.16[愛知県菓子店]

NEW! 岩倉市 プチ・アマンド

お客様に喜ばれるお店作り  今回は、愛知県北西部に位置し、名古屋市のベッドタウンとなっている岩倉市の「プチ・アマンド」さんをご紹介させていただきます。  同店先代の中村昭和先生は、愛知県菓子技術専門校の校長及び愛知県洋菓子協会の会長をされた、愛知県の洋菓子業...

ベルジェ・ダルカディ弁慶堂
2017.02.16[福井県菓子店]

NEW! ベルジェ・ダルカディ弁慶堂

探求心と継続力の大切さ  作れば作るだけ売れる時代もありましたが、今はある面、メディアでの知名度やブランド力で売り上げが左右される商品が多く出回っているように思われます。売り上げを伸ばしていくためには、消費者から求められるお菓子の製造や、雑誌・専門誌等で紹...

御菓子處 華宵庵
2017.01.19[岡山県菓子店]

御菓子處 華宵庵

平成28年10月に新店舗オープン  創業1945年創業者宮内薫氏にて和菓子屋を開業、1965年に岡山製菓株式会社を設立。二代目宮内良和氏の代になると本社・今在家工場に華宵庵を開店、『名物わらびあん』を考案する、店の看板商品となる。2号店けやき通り店、3号店しみ...

「でかいちご大福」で茶イッペ

「でかいちご大福」で茶イッペ

お菓子司もとやま  鹿児島市から薩摩川内市、阿久根市を経て、熊本市、福岡市、北九州市まで九州を縦貫する大幹線道路の国道3号線。  昼夜を問わず車が行き交う、その国道3号線を鹿児島市街地から北上してまもなく、あちらこちらに「ソンタで茶イッペ」と書かれた緑色の幟...

家族で湯本温泉の菓子を守る店
2017.01.19[山口県菓子店]

家族で湯本温泉の菓子を守る店

吉冨幸進堂  日本海に面した海を望む豊かな自然景観を持つ山口県長門市。  1427年に開湯した湯本温泉は長州藩の藩主が湯治に訪れたと言う歴史を持つ長門市五名湯を代表する温泉街です。長門市は日露首脳会談の舞台となったこともあり、またCNNの日本の最も美しい場所...

郷土の文化遺産を銘菓に
2016.12.21[宮城県菓子店]

郷土の文化遺産を銘菓に

鳴子温泉の和洋菓子店 大坂屋  晩秋の鳴子温泉を訪ねました。  宮城県の大崎地方北西部に位置し紅葉の時期には最高の癒しが待っている、ほっこりとした「いで湯の里」に大坂屋さんの看板を見つけ寄らせて頂きました。  店主の久保原六郎さんは和洋菓子店を継いで早や40数年...

白玉屋榮壽
2016.11.21[奈良県菓子店]

白玉屋榮壽

大和三輪大社の極上もなか  奈良の中程に位置する三輪山はその優美な容で愛でられるが、神の山として「三諸(みむろ)山」とも呼ばれる。「大神神社(おおみわじんじゃ)」はこの山をご神体とあがめこの地にある。  その大神神社の大鳥居の前に白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ...