イベントレポート一覧

全国銘菓販売コーナーも大盛況

NEW! 全国銘菓販売コーナーも大盛況

いわてのスイーツの祭典が開催される  「いわてS―1スイーツフェア2017」は、去る2月25、26日の両日、滝沢市下鵜飼のビッグルーフ滝沢で開かれ、各地から集まった甘い逸品を楽しむ人で賑わった。  開会式では、齊藤俊明理事長が「ふるさと岩手には沢山の良い食材があ...

若い後継者は菓業に自信と自覚を持て

NEW! 若い後継者は菓業に自信と自覚を持て

 愛媛県では今年、愛媛国体が開催されるにあたり、松山空港からの道路整備が急ピッチで行われています。それに伴い国体の後、道後温泉のシンボルである道後温泉本館の耐震化を含めた大掛かりな補修工事が行われることになっています。  千と千尋の神隠しの舞台のモデルにも...

いちご王国の更なる発展を目指して

NEW! いちご王国の更なる発展を目指して

○「いちご王国」の現状  栃木県のいちごの収穫量は、平成27年産で24,800㌧(農林統計)、昭和43年から平成27年まで48年間連続日本一の「いちご王国」となっています。  最近では、全国でも知名度が高く主力となる「とちおとめ」に加え、平成26年から一般販売となった...

越後高田の風物詩

NEW! 越後高田の風物詩

川渡り餅の由来  『カワタリモチヤ~モチヤ~‥‥』『カワタリモチヤ~モチヤ~‥‥』 毎年11月30日、12月1日の2日間、宣伝カーのスピーカーから聞こえてきます。越後高田(現上越市)の文化と伝統の風物詩です。戦後、『川渡りもち由来』と題し、高田菓子組合が次のようなP...

『食べてだあこ』名張のお菓子でおもてなし条例

NEW! 『食べてだあこ』名張のお菓子でおもてなし条例

 三重県名張市では、平成25年に三重県内で初めて「乾杯条例」(伊賀名張の酒・名酒で乾杯を推進する条例)が制定され、宴会や毎月1日を活動日と定め、お酒に親しむ機会が多くなってきました。  そうしたなか、三重県菓子工業組合名張支部も、平成28年7月、名張市や名張市...

東京都菓子工業組合・協力会「新年合同懇親会・新春講演会」

NEW! 東京都菓子工業組合・協力会「新年合同懇親会・...

テーマ:「笑いと健康」女流講談師 神田 蘭 氏  毎春恒例の東京都菓子工業組合・協力会「新年合同懇親会・新春講演会」が平成29年2月14日(火)に、上野精養軒において開催されました。  今年の新春講演会にお招きした講師は女流講談師の神田蘭氏です。「笑いと健康」とい...

「和菓子祭」と「あん教室」

NEW! 「和菓子祭」と「あん教室」

菓子業界発展・地域活性化に貢献  1月22日に境港市の夢みなとタワーで「和菓子祭」を開催した。安来、米子、境港3市の和菓子食べ放題バイキングのイベントである。和菓子業界の発展と地域の活性化に貢献したいという想いで、開催したこのイベントには、3市から15件のお店...

神戸マイスター

NEW! 神戸マイスター

和菓子では2名を認定  優れた技術や技能を持つ人を認定するマイスター制度は、多くの自治体や団体に広がっています。兵庫県神戸市でも平成5年より制度が開始し、製造・建設・サービスなど幅広い分野から厳正な審査を経てハイレベルの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」と...

お菓子の技術で国際貢献

NEW! お菓子の技術で国際貢献

カンボジア日本友好学園・徳島商業高校の高校生による共同商品開発を通した学校運営の実践及びモデル化事業について  今回は、徳島県とカンボジアの高校生のアイデアをもとに、お菓子の商品開発を通して国際交流のみならず、大きく言うと国際平和、子供達の教育・学校運営の...

京都府菓子技術専門校ご紹介

京都府菓子技術専門校ご紹介

高い伝統技術を京都で! 伝統と実績の専門校  本校は1969年に創設され、京都府の認定を受けた伝統ある専門校で、今までに業界に輩出した卒業生は1、100名を超えます。  ここでは、和菓子と洋菓子の実技に加えて、和洋の製菓原理を始め、食品学・栄養学などの学科、...