イベントレポート一覧

津市のお祭り開催

津市のお祭り開催

お伊勢さん菓子博PRと入場券販売  本年は、十月八日・九日の二日間に亘り津市の中心部にあるお城西公園をメイン会場として、市内十一会場で、約四十万人の人々が集い盛大に開催されました。津まつりは、二代目津藩主となられた藤堂高次の命により寛永十二年(1635)よ...

滋賀県mini菓子博覧会

滋賀県mini菓子博覧会

お菓子の魅力を感じる催事を  滋賀県菓子工業組合では50周年事業の一環で、10月1日・2日の両日、滋賀県職業能力開発協会のものづくりフェア2016に参画し「滋賀県mini菓子博覧会」をテクノカレッジ草津で開催しました。  組合員の皆様の銘菓展示、紹介コーナー『滋...

いしかわスイーツ博2016開催(百万石の菓子文化)

いしかわスイーツ博2016開催(百万石の菓子文化)

「和」と「洋」が協力して匠の技を発信  石川県主催で、石川県菓子工業組合(小出進理事長)と石川県洋菓子協会(金岩重典会長)が協力して毎年秋に開催するお菓子のイベント「百万石の菓子文化・いしかわスイーツ博2016」が、10月15日(土)・16日(日)の2日間にわた...

釜の蓋まんじゅう

釜の蓋まんじゅう

那須地方限定の風習  栃木県の北部(特に那須地方にかぎられた風習)で8月1日に炭酸まんじゅうを食べる風習があります。  8月1日を「釜蓋朔日」と呼んでおり、「地獄の釜の蓋が開く日」とされています。(この場合の「地獄」は「あの世」という意味です)  地獄からの...

有田陶器市に開店

有田陶器市に開店

佐賀銘菓コーナー  2016年、日本で最初の磁器である有田焼が誕生して400年を迎えました。本年は国内のみならず海外でも400年の歴史を振り返り有田の未来の扉を開くため、年間を通して記念イベントが開催されています。その中でも最大の規模を誇るのが、毎年4月29...

宮崎菓業青年会活動紹介

宮崎菓業青年会活動紹介

九州の菓子業を盛り立てる  我々宮崎菓業青年会は現在会員8名で、毎月の例会でその時の議題について話し合うなどの活動をしており、菓子業界の若手育成の場としての役割を担っております。  例会以外の活動として、平成27年度は9月5日に総会を行い、懇親会では宮崎菓子工...

神奈川県から生まれた桃菓ちゃん

神奈川県から生まれた桃菓ちゃん

起死回生の可愛いキューピット  2015年に神奈川県菓子工業組合に素敵なアイドルが誕生しました。でもアイドルと言っても若い女性や男性ではなくて、40歳代から60歳後半の我ら常任理事が夜な夜な集まって、お菓子の需要拡大の為に考えついた桃を使ったスイーツのことなの...

2016熊本地震から半年

2016熊本地震から半年

全国からいただく支援に感謝  だれもが、まさか自分が被災者になるとは思っていなかった熊本地震から半年経ちました。  死者50名、震災関連死47名、負傷者2,405名、被災住宅169,490棟、現在仮設住宅やみなし仮設住宅への転居も進み熊本市内の避難所は閉鎖され徐...

秋の幻想庭園

秋の幻想庭園

日本三大名園岡山後楽園  江戸時代の文化を今に伝える名園「後楽園」は岡山城主池田綱政が津田永忠に命じて15年の歳月をかけて元禄13年(1700年)に築いた大名庭園である。洪水や空襲の災難にあいながら当務者の精励でかなり原型を保たれ、歴史上の遺跡としても珍重され...

こだわりのある自家製餡の増産を目指して

こだわりのある自家製餡の増産を目指して

 本年2月に、県組合事務局から「ものづくり・商業・サービス業新展開支援事業」という国補助金の公募案内がありました。  この頃、私は、こだわりのある自家製あんの増産が可能とするような機械設備などの導入を検討していたところでした。  早速、詳細な資料を取り寄せて...