和菓子の一覧

香梅袋

香梅袋

 今回は、青々しい初夏に映える青梅の甘露煮と笹の葉を使って見た目にも味にも清涼感なお菓子を提案させて頂きます。 〈葛種〉葛粉(随一) …… 80g上白糖 …………… 80g黒糖 ……………… 80g水飴 ……………… 20g水…………………320g小豆こし中割餡…150g 〈小豆中割餡〉小豆こし生餡……300g...

香る餅

香る餅

 蓬を練り込んだ四分六餅に、香ばしいきな粉をふるい掛けて仕上げた、草餅風の並生菓子です。  四分六餅は、もち米を製粉した餅粉や白玉粉と、うるち米を製粉した上新粉や上用粉の割合がおよそ4:6の餅生地です。上新粉に餅粉を配合することで、食感が軟らかくなり、硬く...

よもぎ餅

よもぎ餅

 よもぎは古くから食用や薬用として知られ、私たちの生活に深くかかわりのある植物です。語源については「よく萌え茂る草」「よく燃える草」などいくつかの説がある。昔は草餅に母子草を使用したといわれているが、現在では草餅といえばよもぎである。よもぎは山野、道ばた、...

茶畑

茶畑

(26カット13個取)  抹茶づくしの浮島と羊羹を茶畑特有のかまぼこ型の畑をイメージして仕上げた創作菓子を紹介したいと思います。 【浮島生地配合】(トヨ型一本分)卵…………………………… 1個白並餡……………………150g上白糖 …………………… 30g上白糖(メレンゲ用) … 15g薄力粉 …………………… 1...

抹茶の冷やしぜんざい

抹茶の冷やしぜんざい

(約60個3玉入り) 【配合】 〈白玉団子〉白玉粉…………… 1㎏水………………700gトレハロース…200g 〈どら餡〉小豆こし生餡…… 1㎏白双糖…………700g 〈抹茶餡〉白並餡…………… 2㎏水……………… 1.5㎏抹茶 …………… 10gグラニュー糖…500g水飴……………100g  今年の夏は、全国的に暑くなる可能性が...

桜餅

桜餅

 一般的には節句に合わせて販売される桜餅。 暦上では無く、桜が開花しないと売れない地域もあります。 また、関東では焼き皮製が、関西では道明寺製の桜餅が好まれています。 今回は桜餅をお団子風に仕上げました。 【生地配合】餅粉………………100g水…………………130g上白糖……………15...

甘酒みそ饅頭(約30個)

甘酒みそ饅頭(約30個)

 甘酒は夏の季語です。かつては夏バテ防止に、栄養豊富な甘酒が用いられていました。昨今では冬場でも、正月の参拝客の暖として振舞われたりしています。そんな甘酒と発酵食品である味噌を合わせた半薯蕷饅頭です。  今回は合わせ味噌を使用しました。  ご使用になる味噌の...

秋景色(仮称)

秋景色(仮称)

 この時期になると赤や黄色に色づいた木々達は風に揺れ、カラフルに色づいた葉は、はらはらと舞い落ちる。まるで錦の反物を広げたように山々は色とりどりに染まっていく。華やかで明るい春とはまた違った趣である。  ここでは黄味色、朱色、挽茶色のかるかん生地で木々の紅...

緑陰

緑陰

 なめらかな弾力が特徴的な葛粉を使用した製品は、その食感故に暑い季節でも食べやすい和菓子と言えるでしょう。  今回は食感重視の葛蒸し羊羹と発色が上品な軽羹を組み合わせた上生菓子を紹介します。 〈葛蒸し羊羹配合〉(18㎝角枠)葛粉 ……………… 75g浮き粉 …………… 20g水…...

花水仙(仮称)

花水仙(仮称)

 この季節に白や黄色の花を咲かせ、春を告げる草花として古くから親しまれている花に「水仙」があります。まだ雪残る寒さの中に凛として咲くことから別名「雪中花」とも言い、可憐な花の風情は日本人の心情に適うものがあります。ここでは薯蕷練切餡と若草色の羊羹を組み合わ...