青森県菓子店の一覧

たいま菓子店

たいま菓子店

大きなシャコちゃん駅のある町で  青森県つがる市、古代縄文の時より、津軽の大地に亀ヶ岡文化を築いた現つがる市に、和菓子作り創業70年余りの当店。当主は、遮光器土偶が産み出した人々の素顔と、素朴な生活その中で、地元の高校生と合同で考案し、シャコチャンケーキを製...

菓子匠 松栄堂の取り組み

菓子匠 松栄堂の取り組み

時代の変化を分析したお菓子  当社は創業昭和39年、今年で52周年を迎え、ようやく業界では中堅とされております。  私は二代目として、高卒後、神田「ささま」に、兄は新宿の洋菓子店に、弟は大田区の「鵜ノ木」に、それぞれ修行して技術を身につけ青森に帰ってまいりました...

顔の見えないお客様

顔の見えないお客様

インターネットが生んだ難問  青森県下北半島むつ市で1929年(昭和4年)に、祖父が海軍の町、大湊で創業し、今年で87年を迎えます。時代の移り変わりで有限会社を設立し、金谷二丁目に支店を開店したのが23年前。緑町に本店を移転して15年。創業当時から作り続けている...

㈲別当庵 佐藤製菓

㈲別当庵 佐藤製菓

『販売促進紹介』  当店〔㈲別当庵 佐藤製菓〕は安政2年(1855年)創業です。私で五代目(65歳)、和洋菓子を製造販売の一般的な店です。その中で、自店で行っている安価で効果的である販売促進を紹介したいと思います。 ①チラシを自分で作る。  通常は印刷屋へデザイ...

北川商店といえば…

北川商店といえば…

黒蜜たっぷり「串だんご」  北川商店は、終戦後間もなく「串だんご」の小売店として創業しました。  創業当初から、世界自然遺産白神山地の麓に位置し、津軽平野の豊かな水田からとれた良質な上新粉をふんだんに使用し、丹念に商品を作り上げています。その中でも、同時の製...

『夫婦、親子総動員!!』

『夫婦、親子総動員!!』

おかしのオクムラ  今回紹介するお菓子屋さんは、青森県黒石市、人口約4万人弱の小さな市にあるお店。  1952年、先代の故・奥村克己氏が創業され、本年8月8日に「株式会社 おかしのオクムラ」としてリニューアルオープンしたばかりのお店です。  「現当主、剛(つよ...

㈲松葉堂まつむら

㈲松葉堂まつむら

―めぼし菓子―  今回は青森県黒石市の老舗、㈲松葉堂まつむらを紹介します。  青森県の中心に位置した黒石市には、『日本の道百選』にも選ばれた伝統的建造物が残る「中町こみせ通り」があります。こみせ通りには、国の重要文化財である「高橋家」をはじめ、数多くの古い商家...