青森県菓子店の一覧

つがる市 當麻菓子舗

つがる市 當麻菓子舗

しゃこちゃんで地域おこし  「しゃこちゃん」と聞いて読者の皆様は何を思い浮かべるでしょうか?寿司ネタ?車庫の商品名?  いえいえ、「しゃこちゃん」とは現代人よりもはるか昔に誕生した縄文文化の置き土産なのです。  青森県つがる市(旧木造町)沢根地区の亀ヶ岡石器...

御菓子司 双味庵

御菓子司 双味庵

伝統のアップルパイで地域活性化  青森県は言わずと知れた林檎の一大産地ですが、当支部のある弘前市は林檎生産量が日本一の林檎の街です。  そんな弘前市ですから、アップルパイを提供している洋菓子店はもちろん、和菓子屋やベーカリー、レストラン、喫茶店、ホテルなど数...

㈱はとや製菓

㈱はとや製菓

お菓子屋がスープを作った。  当社は、1951年(昭和26年)に青森市で創業し、1954年(昭和29年)に法人化しました。当初は路面店や、各デパート等に出店して小売りが主でしたが、1975年(昭和50年)ごろにお土産品等に特化、ライン化し、卸売業に業態変更して現...

下北べこもち

下北べこもち

供え物から伝統銘菓へ  現在、私は青森県むつ市で商売をしております。  人口6万人に満たない小さな町ですが、地域の方々、先輩、友人等たくさんの皆さんに支えて頂き、25歳の時にむつ市に戻り、今年で菓子屋として商売して26年となります。  今回は下北半島、むつ市に古...

名産メロンがとびきりのスイーツに!

名産メロンがとびきりのスイーツに!

メロンのシュークリームキューブ  口に含もうとフォークで挑むと、手ごたえのあるシュー皮の中から翡翠の様な角切りのメロンがコロンコロンとあふれ出てきた。驚きがすぐに笑顔に変わりメロンの上品な香りがふわっと鼻をくすぐる。ジューシーな地元産のメロンはカスタードク...

きくち覚誠堂

きくち覚誠堂

遊び心にあふれる和洋菓子店  青森県の津軽平野のちょうど中央に位置する南津軽郡藤崎町は、人口約15,000人で、ふじ林檎の発祥の地であり、県庁所在地である青森市や春の桜まつりや夏の「ねぷた祭り(※)」で有名な弘前市に隣接し、農業や商工業が栄える人口約170,...

有限会社 松栄堂

有限会社 松栄堂

伝統の技術を再発見しよう  我が国日本は、今年五月に新天皇が御即位されました。そして年号も令和となり、新しい時代へとなりました。今、国内は新しい時代への移り変わりで沸き立っております。  日本では多種多様な分野での技術が発展していますが、和菓子業界も同じで、...

㈲ 吉田ベーカリー

㈲ 吉田ベーカリー

おかげさまで受け継がれる心  1955年(昭和30年)青森県むつ市田名部町(旧、明神町)で産声を上げた弊社は、当初、先代(私の父)の兄が始めたパン屋さんでした。  先代ですが、東京で電気主任技術者を務め、電気と家具の店を開業するため、1964年(昭和39年)青森...

たいま菓子店

たいま菓子店

大きなシャコちゃん駅のある町で  青森県つがる市、古代縄文の時より、津軽の大地に亀ヶ岡文化を築いた現つがる市に、和菓子作り創業70年余りの当店。当主は、遮光器土偶が産み出した人々の素顔と、素朴な生活その中で、地元の高校生と合同で考案し、シャコチャンケーキを製...

菓子匠 松栄堂の取り組み

菓子匠 松栄堂の取り組み

時代の変化を分析したお菓子  当社は創業昭和39年、今年で52周年を迎え、ようやく業界では中堅とされております。  私は二代目として、高卒後、神田「ささま」に、兄は新宿の洋菓子店に、弟は大田区の「鵜ノ木」に、それぞれ修行して技術を身につけ青森に帰ってまいりました...