岡山県菓子店の一覧

観光菓子から日常菓子へ

観光菓子から日常菓子へ

新型コロナウイルスの影響により事業再構築  株式会社山脇山月堂(本社:岡山県岡山市、代表取締役:安部益寧)は1881年(明治14年)にきびだんごを製造販売する商店として創業いたしました。140年間、きびだんごを製造し観光業中心として営んでまいりましたが、昨今...

高梁の四季を「あおやぎ菓子舗」で感じて!

高梁の四季を「あおやぎ菓子舗」で感じて!

 高梁市には国指定需要文化財「備中松山城」があり、天守が現存する〝唯一の山城〟でこれからの季節には雲海に包まれる幻想的な姿を見ることもでき「天空の城」とも形容され親しまれています。  「あおやぎ菓子舗」は初代尾藤薫氏により本町に店を構えたが台風で床上浸水に...

華宵庵

華宵庵

地域密着で三世代に渡り愛される  今回は、昨年の青年部中四国ブロック(岡山)大会で大変お世話になりました、前岡山県菓子工業組合青年部部長で華宵庵社長の宮内孝和氏にお話を伺いました。  華宵庵さんは、昭和20年香川県高松市に旭堂として開業。昭和27年に岡山県玉野市...

大手まんぢゅうカフェオープン

大手まんぢゅうカフェオープン

伝統の味と時代にあわせて変化する魅力  株式会社大手饅頭伊部屋は、看板商品の大手まんぢゅうをメニューに取り入れた『大手まんぢゅうカフェ』を倉敷美観地区にオープンした。  新業態への進出には、昨年より販売を始めた「大手まんぢゅうソフト」や「大手まんぢゅう専用焙...

三宅製菓本店

三宅製菓本店

備中神楽と共に創業100年余  四季折々に美しい高梁川沿いの道路は所々で豪雨災害からの復旧・復興工事が行われています。国道180号沿い『備中神楽発祥の町』の表示を過ぎて313号に入り、しばらく行くと三宅製菓かぐら店に到着。すぐ近くの事務所に伺い、令和元年5...

岡山夢菓匠 敷島堂

岡山夢菓匠 敷島堂

地元に愛される店づくり  昨年2月に70周年を迎えた、竹久夢二本舗敷島堂株式会社二代目社長(現会長)の眞殿重喜氏に敷島堂の歴史を伺った。  昭和23年、初代眞殿冨重氏は店名を和歌の枕詞『敷島乃大和心を人とはば朝日に匂う山桜花』から引用し「敷島堂」として創業。昭和...

風乃菓 籠もよ

風乃菓 籠もよ

餡が命、素直な味が客を惹きつける  ここのお菓子を実家に持っていくと、母は毎回、おいしいわーどこのお菓子?と聞く。何度教えても覚えないのだが、無理もない82歳の母の現役時代にはまだ開業していなかったのだから…。  実力派店主杉尾社長は滋賀のたねやで18年間修行し...

御菓子處 華宵庵

御菓子處 華宵庵

平成28年10月に新店舗オープン  創業1945年創業者宮内薫氏にて和菓子屋を開業、1965年に岡山製菓株式会社を設立。二代目宮内良和氏の代になると本社・今在家工場に華宵庵を開店、『名物わらびあん』を考案する、店の看板商品となる。2号店けやき通り店、3号店しみ...

つるの玉子本舗 下山松壽軒

つるの玉子本舗 下山松壽軒

和洋折衷のオリジナル菓子  「つるの玉子」で有名な明治20年創業の老舗菓子舗、つるの玉子本舗下山松壽軒をご紹介します。JR岡山駅東口より桃太郎大通りを後楽園に向かい、西川を過ぎると右手にお店の看板が見えます。お話は毎日楽しそうにお客様と談笑する社長のお母様に...

伝統和菓子店 芭蕉庵を訪れて

伝統和菓子店 芭蕉庵を訪れて

白神社長学  表町商店街にある老舗和菓子店「芭蕉庵」をご紹介いたします。創業明治42年三代目社長白神孝男氏現在94歳現役、お話を伺いたいとお願いすると、快く引き受けてくださいました。  原始時代、原始人は動物性のものを食べていたが、やがて落ちた木の実を食べ、それ...