静岡県レポートの一覧

オンラインによる「春季例会」&「和洋菓子講習会」

オンラインによる「春季例会」&「和洋菓子講習会」

静岡県菓子工業組合  3月16日、この日は彼岸の入りの前日で和菓子店は多忙な日だが、静岡県菓子工業組合では新型コロナウイルス感染拡大で沈滞気味の組合員に少しでも元気を出して頂こうと、オンライン(Zoomシステム)による「春季例会」と「和洋菓子講習会」(静岡県...

焼津おまんじゅうまつり

焼津おまんじゅうまつり

農水省・販売促進緊急対策事業  令和2年10月25日(日)、久しぶりの雲一つない快晴に迎えられて電車を降りた。西焼津駅前は人影もなく閑散としていた。迎えの車に揺られて会場に着いて驚いた。新型コロナウイルス対策の三密が心配されるような人の集りである。ここは焼津み...

映画に学ぶお菓子の役割

映画に学ぶお菓子の役割

だんらん・繋がり・安らぎ  お菓子は何のためにあるのか?当たり前過ぎて深く考えたこともありませんでしたが、「映画の中にお菓子を食べるシーンが散見されるけど、それぞれ重要な場面でおもしろいね!」こんな話を映画解説者として活躍している小澤正人氏のそんな一言で、...

誰でも参加できる「春季例会」

誰でも参加できる「春季例会」

お菓子持ち寄り情報交換も  本年1月30日、当組合の「春季例会」が開催されました。これは新年会に替わるものです。以前は支部の正副組合長等主な役員のみが出席して行われており、親睦会が主でコンパニオンの接待でカラオケなど楽しみながら懇親を深めてきました。これもそ...

心を動かされた2冊の本!

心を動かされた2冊の本!

読んでもらいたい想い  県内組合員2名の方が刊行された著書2冊をご紹介いたします。  静岡県菓子工業組合の定期総会の会場で白幡雪雄氏(シラハタ製菓・藤枝市)が「今度、私がこんな本を書いてみましたので読んでいただけますか」と一冊の本を差し出されました。本の題名...

焼津みそまん学会

焼津みそまん学会

伝統の饅頭でガッチリ!  地域の活性化、菓子店の繁栄に大きく貢献している。「焼津みそまん学会」については「製菓製パン」平成25年10月号でも詳しく掲載されているのでご覽頂きたい。静岡県焼津市といえば漁港の町として知られ、その漁師のおやつとして戦前から作られてい...

第2回『春季例会』開催

第2回『春季例会』開催

講演会・試食会など実りある会に  去る2月24日(金)新年会に替わる「第2回春季例会」が静岡県和菓子協会と共催により静岡市クーポール会館で開催されました。この例会は従来の新年会とは異なり新しく真の組合活動を目指すもので組合は組合員が自ら作り上げていくものとし...

「共存共栄」

「共存共栄」

製菓講習会会場について  恒例の当県菓子工組合の製菓講習会が、去る8月29日(月)にテレビチャンピオンとしてもご存知の有限会社菓匠白妙代表取締役・高橋弘光氏を講師にお迎えして開催されました。今回は講習品目を事前に希望を募集して行いましたので非常に有意義な講習...

組合創立50周年記念大会

組合創立50周年記念大会

記念講演と「静岡のお菓子大集合」  2月2日(火)静岡県菓子工業組合の創立50周年記念会員大会が静岡市葵区紺屋町の「クーポール会館」で会員69名の出席のもと3部構成で挙行された。  第一部の式典は若月正章理事長の挨拶から始まり、ご来賓の静岡県中小企業団体中央会、...

地元の活性化に貢献!

地元の活性化に貢献!

熱海菓子商工業組合  静岡県東部地区にある熱海市は昔から高級温泉リゾート地として全国的に知られてきました。近年は様々な観光施策を展開して若者や家族連れにも人気のある大衆的な観光地として大変な賑わいをみせています。その一端を担う熱海菓子商工業組合の活動をご紹...