福井県レポートの一覧

お餅に魅せられて

お餅に魅せられて

~粘りと舌ざわり、その滑らかさを生む町福井~  福井という町は、冬は日本海側特有のどんよりとした雲の下、我慢強い、粘り強い県民性が特徴と言われています。西に行けば京都まで100㎞ほど、東も100㎞で金沢があり、その間のポケットのような街とでもいうべきでしょ...

「幸せもちもち満腹祭」開催

「幸せもちもち満腹祭」開催

福井の餅文化の継承と発展、需要拡大 主催:「幸せもちもち満腹祭2020」実行委員会 共催:福井県菓子工業組合 福井市 まちづくり福井㈱ 後援:福井県・全国菓子工業組合連合会・福井新聞社・NHK福井放送局・FBC・福井テレビ・福井ケーブルテレビ・さかいケーブル...

酪農家応援プロジェクト

酪農家応援プロジェクト

牛乳を使ったお菓子プレゼント  新型コロナ感染症の感染拡大防止策として、3月2日から全国の小中学校で休校する措置が取られました。その影響は多方面に波及しましたが、小中学校で提供される給食に使用される食品素材の一次的なロスの発生は大きく報道されました。その報...

水ようかん

水ようかん

季節を感じる和菓子  福井の冬の風物詩といえば「水ようかん」である。夏の間違い?と思われるかもしれないが10月下旬頃から福井県内の和菓子屋さん、量販店、おみやげ屋さんなど、いたるところで水ようかんが登場し、以降3月下旬ごろまで福井の水ようかんのシーズンが続く...

越前おおのでっちようかん祭り

越前おおのでっちようかん祭り

真冬恒例イベントに14店舗集う  毎年2月第1週の土日に開かれる『越前おおのでっちようかん祭り』。今年で8回目の開催を向かえ、福井県内でも恒例の真冬の食イベントとなっている。  『でっちようかん』は水ようかんのことで、福井県内では大野、小浜の方で前者の呼び名が...

伝統食材 打豆

伝統食材 打豆

栄養吸収率高く調理は簡単  打豆(うちまめ)という食材をご存知でしょうか?洗った大豆を石臼の上において木槌で叩いて潰し乾燥をさせたもので、福井では500年以上昔からつづく伝統食材である。打豆が郷土食として根付いた背景には、仏事とのかかわりが大きい。福井は昔...

端午の節句餅

端午の節句餅

人と人、家と家を繋げる  今回、初めての執筆になり未熟な部分がございますがどうぞよろしくお願いいたします。  私は福井県菓子工業組合青年部に所属しております。日頃、組合の方とは仕事のことやプライベートのことなど交流を深め多くの気づきや経験をさせていただいてお...

全菓連青年部 中部ブロック福井大会

全菓連青年部 中部ブロック福井大会

菓子博への協力を呼びかけ  第8回全菓連青年部中部ブロック福井大会は、7月19日、福井市福井駅西口再開発ビルハピリンで開催され、約50名の青年部員が参加した。全菓連からは、久村副理事長、福井県菓子工業組合平山理事長、ほか青年部槌谷部長が参加した。  大会では、青...

組合創立50周年記念式典開催

組合創立50周年記念式典開催

組合事務所も新装移転  福井県菓子工業組合創立50周年記念式典を平成28年1月20日、ホテルフジタ福井にて開催いたしました。式典に先立ち午後2時からメディアでも活躍されている「杉山フルーツショップ」代表の杉山清氏お招きして「戦わない経営哲学~景気・不景気は経営者...

でっち羊かん

でっち羊かん

ブランド化を目指して  でっち羊かんは、夏の水羊かんに黒糖を混ぜた物です。戦後、秋の終わり頃から次の年の3月中頃まで製造しています。  冬季限定で厚みのある板流しで、カットしてバラ売りをしていました。その当時は、黒糖は樽に入っていてバラすのが大変でした。毎年...