栃木県レポートの一覧

ショッピングセンターで技能五輪の公開練習会を開催

ショッピングセンターで技能五輪の公開練習会を開催

 栃木県宇都宮市陽東6丁目の大型商業施設「ベルモール」の特設ステージを会場に、とちぎ技能五輪「洋菓子部門」に出場が予定される候補選手3名がそれぞれ飴細工のピエスモンテを作り上げた。  これは今年11月に栃木県で開催される「とちぎ技能五輪、アビリンピック全国大...

いちご王国の更なる発展を目指して

いちご王国の更なる発展を目指して

○「いちご王国」の現状  栃木県のいちごの収穫量は、平成27年産で24,800㌧(農林統計)、昭和43年から平成27年まで48年間連続日本一の「いちご王国」となっています。  最近では、全国でも知名度が高く主力となる「とちおとめ」に加え、平成26年から一般販売となった...

釜の蓋まんじゅう

釜の蓋まんじゅう

那須地方限定の風習  栃木県の北部(特に那須地方にかぎられた風習)で8月1日に炭酸まんじゅうを食べる風習があります。  8月1日を「釜蓋朔日」と呼んでおり、「地獄の釜の蓋が開く日」とされています。(この場合の「地獄」は「あの世」という意味です)  地獄からの...

日本菓子協会東和会で最優秀技術会長賞

日本菓子協会東和会で最優秀技術会長賞

 栃木県菓子工業組合の三宅正晃さん(24)は日本菓子協会東和会で、平成27年度年間最優秀技術会長賞を受賞した。  一昨年の12月から去年の11月までの一年間、毎月、上生菓子と引菓子の作品を出品し、表現力、技術力、色彩の3点で評価があり、出品者中最高得点で受賞した。 ...

斬新さを評価!

斬新さを評価!

京菓子と琳派展で大賞  栃木県菓子工業組合足利支部の福島幸治(ふくしまゆきはる)さん(37)が手掛けた「角彩(かくさい)」がこのほど京都市で開かれた京菓子デザイン展「手のひらの自然―京菓子と琳派」2015実作部門で大賞に輝いた。  昨年、秋に行われた同展には、...

藤生義治氏による洋菓子技術講習会

藤生義治氏による洋菓子技術講習会

「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」オーナーシェフ  栃木県菓子工業組合では、去る10月14日(水)大和食品株式会社(宇都宮)において東京製菓学校校友会栃木県支部と共催による技術講習会を、藤生義治氏を講師に開催した。当組合では1年おきに和菓子と洋菓子の講習会...

観光地日光と外国からのお客様

観光地日光と外国からのお客様

日光東照宮 式年大祭の年  国内有数の観光地、日光を訪れる観光客は千百万人とも言われていますが、先の大震災や風評被害、更に社寺が平成の大修理中ということもあり、ここの所やや低迷しているところです。  世界遺産として登録されている日光の社寺、その中の日光東照宮...

「さのまる」もなか発売

「さのまる」もなか発売

ゆるキャラと共にPR!  栃木県南西部に位置する佐野市(人口約12万人)を訪れる観光客は年間800万人を超えると言われています。観光の中心は「佐野プレミアムアウトレット」や「佐野厄よけ大師」「佐野らーめん」に「いもフライ」ですが、加えて「唐沢山城跡」が国指定...

走りながら味わおう

走りながら味わおう

「景色」と「スイーツ」  宇都宮市の郊外を走る宇都宮環状線道路(宮環)を景色やスイーツを味わいながら、宇都宮の魅力を再発見してもらおうと、2012年から桜の季節に行われている1周・約42㌔のランニング企画"ミヤラン"が開かれ、今年も全国各地から約1千人が参加...

店頭ディスプレイ講習会を実施して

店頭ディスプレイ講習会を実施して

栃木県菓子づくり研究会  栃木県菓子づくり研究会は、菓子工業組合青年部と同様の集まりで20名の会員を有しております。当会では、勉強会を年に1~2回実施しており内容は、製菓技術、販売、マーケティングなどについて学んでいます。  今回は、会員各自が学びたいこと、困...