新潟県レポートの一覧

特産野菜使用で、地域活性化に一役買ったお菓子の開発

特産野菜使用で、地域活性化に一役買ったお菓子の開発

新潟県長岡地域振興局と二人三脚  新潟県菓子工業組合長岡支部は平成24年6月より長岡農業指導普及センターと連携して「旬Naベジおやつ」プロジェクトを立ち上げて注目されています。  この事業は地元農家と菓子店がコラボした「野菜スイーツ」の開発と販売を目的としたもの...

新潟発、ここだけの地場産お菓子開発を目指して!

新潟発、ここだけの地場産お菓子開発を目指して!

―産農官学の連携で差別化菓子を開発―  新潟県には日本海に面した330㎞余の砂丘を持つ海岸線があります。これを生かした葉たばこの砂丘地栽培をしてきた全国有数の生産県でした。ところが近時、健康志向・喫煙制限等が重なって葉たばこ生産は減少の一途を辿りつつあり、葉...

避難者交流施設「ふりっぷはうす」にお菓子を届ける

避難者交流施設「ふりっぷはうす」にお菓子を届ける

― 子供の笑顔が何よりうれしい ―  昨年3月11日に突然襲った「10mを超す大津波」「原子力発電所の事故」は忘れることのできない出来事でした。1年2ヶ月が過ぎようとする今、私達の記憶から徐々に風化するのではと気になるところです。  平成24年4月現在に於いても福島県...

大学サークルと二人三脚で健康・地産地消の菓子開発

大学サークルと二人三脚で健康・地産地消の菓子開発

 新潟総鎮守白山神社の門前町《古町》は、 ご多分に漏れず郊外店に押され、 かつての賑わいを失いつつあります。 新潟市上古町商店街振興組合ではアーケード改装やバリアフリー歩道の設置等に取り組み、 完成して2年が経ちましたが、 最近では若者による個性的な店が増え、 ...

中越沖地震の恩返し 東日本大震災に向けて

中越沖地震の恩返し 東日本大震災に向けて

~柏崎菓子組合支援隊~  新潟市から約84㎞、人口9万1千人の柏崎市は上越地区の雄で、越後文化が未だ曙の時代から上方文化を受け入れ、北国街道・北前船の寄港地として繁栄してきました。大河ドラマ天地人の舞台となった土地柄であります。  最近では、世界一の発電力を持...

CO2削減に一役買った

CO2削減に一役買った

~省エネランプ普及事業に協力~  3月11日に発生した東日本大震災における被災県菓子工組・組合員の皆さんに対し心からお見舞い申し上げます。依然として余震が続いており、先の見えない実態に呆然とするばかりです。防ぎようのない地震・津波、加えての原発事故、自然に対...