山梨県レポートの一覧

和菓子講習会

和菓子講習会

出荷量日本一の葡萄と桃で  平成28年6月21日(火)山梨県菓子工業組合主催の和菓子講習会に参加しました。今回の講習会は有料でしたが、参加者で会場はいっぱいでした。普段講習会に参加している方からも「こんなに参加者の多い講習会は、珍しいな」との声を聞きました。  ...

6年ぶりの「山梨県菓子祭り」開催

6年ぶりの「山梨県菓子祭り」開催

県内二二社参加・お菓子教室も企画  梅の花が咲きそろう季節に山梨県甲府市にある地場産業センターかいてらすにて二月二六日~二八日の三日間「春の地場産業まつり」が行われました。このお祭りは県内の宝飾品・酒蔵メーカー・織物など多くの業種が一同に参加するものです。...

小江戸文化の名残を残す紅梅焼と独自の発展をしたソフト紅梅焼

小江戸文化の名残を残す紅梅焼と独自の発展をしたソフト紅梅焼

 江戸時代、甲斐(現在の山梨県)は幕府の直轄領として長らく徳川家の縁戚が治めていた。  家光の時代、家光の三男である徳川綱重が甲斐を拝領し甲府藩が成立した。さらに家綱の時代には側用人であった柳沢吉保が十五万石で入領し甲府藩を治めたが、享保時代、徳川吉宗によ...

葡萄菓子「月の雫」は江戸時代から大人気

葡萄菓子「月の雫」は江戸時代から大人気

 山梨ならではの菓子の一つとして甲州葡萄粒のまわりを摺蜜(フォンダン)で固めた「月の雫」があります。口に含むと生葡萄の酸味に蜜の甘味が融け合って独特の味が口の中に広がります。新鮮で美味しい葡萄を使った秋限定の季節商品であることが月の雫の魅力です。参考資料(...

武田兵糧丸 この度リニューアル

武田兵糧丸 この度リニューアル

 百年に一度と言われた大雪にみまわれた山梨にも待ち遠しい桜満開の季節が訪れ、4月5・6日と「第43回信玄公祭り」が甲府市の舞鶴公園・甲府駅前を会場に開催されました。  山梨県菓子工業組合でも平成24年の第40回目の信玄公祭りを期に、組合員が協力しあい武田兵糧丸を...

冬の山梨、切山椒

冬の山梨、切山椒

~「私」が試される菓子~  山梨県は甲府盆地を主に国中(くになか)といい、それ以外を郡内(ぐんない)といいますが、この国中地域で冬になると好んで食べられる郷土の菓子が「切山椒」です。表記は「切山椒」や「切さんしょう」など様々ですが、私たち製造する側はこれを...

リニューアル!武田兵糧丸

リニューアル!武田兵糧丸

信玄公祭りで販売  甲府盆地が桜色に染まるこの季節、第41回信玄公祭りが4月7・8日と舞鶴城公園を中心に開催されました。  昨年は東日本大震災の後だった為残念ながら中止となりましたが、今年のお祭りを待ちわびていた13万人のお客様が県内外から訪れました。そして千人...

新武田兵糧丸

新武田兵糧丸

バージョンアップで心機一転  毎年山梨県では四月に「信玄公祭り」が盛大に行われています。昨年、このお祭りに向けて「山梨の新しい菓子を作りたい」という考えのもとに、山梨県菓子組合が一丸となり「武田兵糧丸」と名づけた菓子を販売致しました。兵糧丸とは、戦国時代の...