大阪府レポートの一覧

大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)名品の会

2025年大阪・関西万博に向けて  大阪産(もん)名品の会は、「大阪産(もん)名品の認知度向上」と「食のまち大阪の発展に寄与すること」を目的とし、大阪産(もん)名品の認定を受けた事業者により設立された団体です。和菓子・洋菓子・総菜・昆布など、ジャンルを問わず幅...

「コロナ禍における融資制度と補助金」について

「コロナ禍における融資制度と補助金」について

 令和3年3月16日大阪菓子会館において株式会社商工組合中央金庫大阪支店より田岡靖之氏を講師に招き、「コロナ禍における融資制度と補助金について」をテーマに講習会を開催しました。当日役員20名が参加し説明をいただきました。まず、新型コロナウイルス感染症の影響を受...

大阪菓子会館橘本神社神殿前にて新型コロナウイルス収束と業界繁栄を願い

大阪菓子会館橘本神社神殿前にて新型コロナウイルス収束と業界繁栄を願い

 大阪府菓子商工協同組合連合会、近畿菓子卸商業組合、大阪府菓子工業組合、㈱大阪菓子会館合同主催による恒例の菓祖神祭は、1月8日(金)午前10時より大阪市西区北堀江の大阪菓子会館橘本神社社殿前において15人出席の下、橘本神社前山和範宮司により斎行、丑年の業界繁栄...

「おおさか 八尾・東大阪お菓子めぐり」

「おおさか 八尾・東大阪お菓子めぐり」

菓子類販売促進緊急対策事業による菓子めぐり  大阪府菓子工業組合(野村泰弘理事長)は、菓子類販売促進緊急対策事業の地域における販売網拡大の取り組みとして国庫補助金を活用し『おおさか 八尾・東大阪お菓子めぐり』を開催いたしました。(写真①)  大阪と言えば、有...

橘本神社でコロナ終息を祈願

橘本神社でコロナ終息を祈願

第56回銘菓奉献祭開催  菓祖神・田道間守(たじまもり)を祀る和歌山県海南市下津町・橘本神社(前山和範宮司)の「春祭・菓子祭・第56回全国銘菓奉献祭」が4月5日(日)午前11時から行われた。今年はコロナウイルス感染拡大防止に向け、神事の内容が縮小された。晴天に恵...

令和2年の新年互礼会「いい会社をつくる」には

令和2年の新年互礼会「いい会社をつくる」には

伊那食品工業代表取締役会長井上修氏講演  大阪府菓子工業組合は1月29日、リーガロイヤルホテルにて、令和2年の新年互礼会を135人の出席者のもと行いました。会に先立ち、伊那食品工業株式会社・代表取締役会長の井上修氏をお招きし、「いい会社をつくりましょう」をテ...

海洋プラスチックごみと菓子包装のこれから

海洋プラスチックごみと菓子包装のこれから

 大阪府菓子工業組合は、10月25日、大阪府病院年金会館コンベンションホールで講習会を行いました。テーマは「マイクロプラスチック問題と菓子包装」について。  まず、野村泰弘理事長があいさつに立ち「昨今、大きな問題となっているプラスチックゴミの海洋流出問題は、菓...

大阪発祥の伝統芸能で、世界遺産の「文楽」を鑑賞

大阪発祥の伝統芸能で、世界遺産の「文楽」を鑑賞

 大阪府菓子工業組合は4月20日、国立文楽劇場(大阪市)で上演中の4月文楽公演「仮名手本忠臣蔵」の鑑賞会を行った。  文楽とは江戸時代に大阪で生まれた人形浄瑠璃で、物語やセリフを語る太夫、情景や心情を奏でる三味線、そして人形の3つの要素が三位一体となった総合...

「働き方改革で大阪を元気にする」方法を学ぶ

「働き方改革で大阪を元気にする」方法を学ぶ

 大阪府菓子工業組合の新年互礼会が、1月18日にリーガロイヤルホテルで開かれ、まず、野村泰弘理事長が年頭のあいさつを述べられました。野村理事長は、大阪万博決定のニュースにふれ「おいしさと夢を届ける、人と人とをつなぐお菓子はまさに平和のシンボル。組合をあげて盛...

専門店から見た、和菓子の現状と対策、これから

専門店から見た、和菓子の現状と対策、これから

大阪府菓子工業組合研究会にて  インバウンド等により日本文化への関心が高まり、「和」が注目を集めている一方、季節感が希薄になり、祭事が衰退しているなど、変化を見せる「和菓子」をテーマにした講習会が10月12日に開かれました。  講師としてお招きしたのは、株式会社...