大分県レポートの一覧

大分菓青会にとっての2018年

大分菓青会にとっての2018年

熊本県研修旅行で親睦深める  大分菓青会では平成22年の発足後2年目から、徐々に増えてきた会員の親睦を更に深めようと食品関連施設等の視察を兼ねた研修旅行を盆明けに計画するようになり、7年目となる今年も8月最後の週末を利用して25日(土)から1泊2日で隣県の熊本...

平成29年度後期 技能検定実技試験実施

平成29年度後期 技能検定実技試験実施

1名から試験実施 若手職人育成へ  去る1月15日(月)大分県菓子工業組合研修室にて洋菓子の技能検定実技試験が実施された。今回は2級を受検希望の大分市在住の若きパティエシエからの申請が1件あったということで、窓口である県職業能力開発協会より主に審査を行う技能検...

2014.11.15

まずは安心の確保から

組合加入のメリット  私が菓子工業組合に勤め始めたのが岩手菓子博の開催前で、今から約16年前のその頃は現在の倍以上の組合員が加盟していて、300以上ある企業名と代表者氏名を覚えるのに随分と時間を要した記憶があ...

おしごと体験で夢を見つけて

おしごと体験で夢を見つけて

お菓子屋さんの仕事に興味を!  7月24日(木)25日(金)の2日間にわたり大分市の複合施設コンパルホールにて、小学4・5・6年生を対象とした、おしごと体験イベントが開催され、県下より全15職種の団体などが一同に集まった中、当組合も「お菓子屋さん」として参加した...

白蓮賞短歌コンクール開催

白蓮賞短歌コンクール開催

全菓博 名誉総裁賞受賞記念  第26回全国菓子大博覧会・広島において、最高賞である名誉総裁賞を受賞した別府銘菓「大正浪漫 幻の華 白蓮」は、併せて発売20周年を迎えた。商品の創作元である別府市菓子組合(組合長:原口嘉哲氏)では、平成25年が素晴らしい節目となったこ...

マルシェに学ぶ商売の多様化

マルシェに学ぶ商売の多様化

若い勢力の新たなイベント  日本一の高さと長さを誇る歩行者専用の大吊橋で有名な玖珠郡九重町は、阿蘇くじゅう国立公園に指定された大自然を多く有する町で、この季節は週末になると観光客をはじめ登山やキャンプ、ツーリング等を楽しむ人達でいつも賑わっている。そんな九...

菓青会  県産原材料を使った スイーツコンテスト開催

菓青会 県産原材料を使った スイーツコンテスト開催

 大分市内のデパート『トキハわさだタウン』にて、大分県産米粉と黒大豆を使ったスイーツコンテストの公開審査会を開催した。本事業は県中央会青年部会他、各種団体等の協力のもと、県産原材料のPR及び利用促進等を目的とし、大分県菓青会(梅田一弘会長)が6月頃から準備...

変革期と囁かれる現在に新風を

変革期と囁かれる現在に新風を

組合に人気洋菓子店加入!  今年度より当組合に加入した、フランス菓子店有レーブ・ド・ブランシュは、平成7年に大分市東部の森町に開店して以来、オーナーシェフの桐井一郎氏(44歳)の明るく飾らない人柄と、常に素材そのものの味を活かすことを心がけて作っていると言う...