佐賀県レポートの一覧

菓子博今昔物語

菓子博今昔物語

時代を担う伊万里の菓子職人たち  今年の4月21日から5月14日の24日間、三重県伊勢市で第27回全国菓子大博覧会が開催され、60万人近い観客を動員し大成功のうちにその幕を下ろしました。そこで今回は、菓子博の成功を祝し、菓子博にまつわる伊万里出身の二人の菓子職人の話...

日本一!羊羹まつり開催

日本一!羊羹まつり開催

ユニークな試みに注目  平成28年11月20日佐賀県小城市市民交流プラザ「ゆめぷらっと小城」にて「日本一!羊羹まつり」が開催されました。小城市が地方創生事業の一環として企画し、小城羊羹協同組合との共催で小城羊羹協同組合青年部が主管し行なわれました。  当日に向けて...

有田陶器市に開店

有田陶器市に開店

佐賀銘菓コーナー  2016年、日本で最初の磁器である有田焼が誕生して400年を迎えました。本年は国内のみならず海外でも400年の歴史を振り返り有田の未来の扉を開くため、年間を通して記念イベントが開催されています。その中でも最大の規模を誇るのが、毎年4月29...

製餡の素材作りを学ぶ

製餡の素材作りを学ぶ

菓子技術講習会を開催  佐賀県菓子工業組合では2月3日に組合員、製菓技術者、後継者を中心に「若年技能者人材育成支援等事業」を活用して、佐賀県より佐賀マイスター(和菓子製造)、また国(厚生労働省)よりものづくりマイスター(菓子製造職種)に認定されて県内外で高...

30年以上続く施設訪問について

30年以上続く施設訪問について

お菓子を食べて元気に育て  佐賀菓青会では5月29日に施設訪問を行いました。これは児童福祉施設や母子生活支援施設、障碍者療育支援施設、保育園や幼稚園等をまわり、菓青会会員の会社の菓子をプレゼントするものです。「おいしい菓子を食べて元気に育ってほしい」との願い...

菓子技術と菓心の向上を目指し和菓子講習会を開催する

菓子技術と菓心の向上を目指し和菓子講習会を開催する

 佐賀県菓子工業組合では毎年、和・洋菓子等の講習会を開催し、組合員の菓子技術全般の向上を目指している。ここ近年では大阪より本松葉屋の西尾智司会長に伝統を重んじながらも独創的な新和菓子の開発についての講習会や、また神奈川県より山﨑技術士事務所の山﨑勝利社長に...

伊万里西松浦郡菓子組合のこれまでの歩みと現状

伊万里西松浦郡菓子組合のこれまでの歩みと現状

 伊万里と言えば、言わずと知れた焼物の産地。その隣町には陶都有田があり、有田の組合と一緒に先達が、伊万里西松浦郡菓子組合をおこし、現在に至っています。  伊万里、有田は焼物の産地という他に、伊万里川を上っていくと小高い山の上に、菓祖中嶋神社があります。現在...

学生と共にギネスにチャレンジ

学生と共にギネスにチャレンジ

佐賀伝統の羊羹づくりを楽しむ  記録的な猛暑がようやく落ち着いた十月、連日迫りくる台風の猛威を跳ね返す様な大きなチャレンジをここ佐賀県佐賀市の西九州短期大学の学生達が成功させました。平成二十五年十月二十七日、創立五十周年の学園祭の中での記念行事として行われ...

九州ブロック佐賀大会開催

九州ブロック佐賀大会開催

菓業青年会、全国菓子工業組合連合会青年部  第59回菓業青年会九州ブロック佐賀大会、第15回全国菓子工業組合連合会青年部九州ブロック佐賀大会は、6月1日、ホテルニューオータニ佐賀で開催され、約70名の青年部員が参加した。全菓連からは、岡本理事長、堤副理事長ほか中...

「ひしぼうろ」

「ひしぼうろ」

産学官で生み出した神埼市の新・銘菓  佐賀県神埼市の特産品「菱」と佐賀の銘菓「丸ぼうろ」。地元ではありふれたこの二つが、地域の産学官の協力により一つになり、「ひしぼうろ」という新たな神埼銘菓が誕生しました。  「ひし形」という言葉の由来でもある植物「菱」は池...