イベント開催&レポートの一覧

昆虫食ブームが今に来る

昆虫食ブームが今に来る

イナゴのクッキー  長野県の南部(南信)、特に伊那谷と呼ばれるこの地域では、昔から冬場のタンパク質とカルシウムを補うため、昆虫をつくだ煮にして食していました。私も中学生ごろまで母と一緒に秋の稲刈りの時期、田んぼの土手を歩きイナゴを捕まえていました。他にもハ...

富山県菓子工業組合第57回通常総会開催

富山県菓子工業組合第57回通常総会開催

講習会 菓子店における軽減税率の注意点     HACCPの制度化と栄養成分表示について  平成31年6月18日第57回富山県菓子工業組合総会が「ホテルグランテラス富山」で開催され、議案の審議が可決され、滞りなく終了しました。  総会が終わり、まず初めに金沢国税局...

松山市和菓子品評会開催される

松山市和菓子品評会開催される

学生の創作意欲も技術も向上  昨年に引き続き、5月19日に松山市道後温泉・椿湯館内にて松山市和菓子品評会が開催されました。  松山市では、住民の皆さんと市長が直接対話をするタウンミーティングを実施していますが、平成29年7月に愛媛調理製菓専門学校の学生から「和菓...

お菓子の祭典を開催

お菓子の祭典を開催

第8回いばらきスイートフェア  茨城県内の和洋菓子・パン等の店舗が一堂に会し、4月19日20日21日茨城県庁にて「第8回いばらきスイートフェア」が開催されました。  いばらきスイートフェアは「地産地消」をテーマに地場食材のイメージアップ・消費拡大を図ると共に、茨城...

平成最後岡山後楽園で大茶会

平成最後岡山後楽園で大茶会

若い人への茶道の普及を  栄西(岡山市出身)をたたえる「第74回栄西禅師賛仰献茶式・大茶会」が4月28日、岡山後楽園で開かれました。平成最後の茶会となり約2500人が緑に包まれた名園で一服を堪能し、茶祖栄西を偲びました。  能舞台で献茶式があり、参会者が静かに見...

新しいtaeシリーズ4点販売

新しいtaeシリーズ4点販売

ブランドもち米「滋賀羽二重糯」を使用  滋賀県菓子工業組合では50周年事業の一環で商品化した「もちもち食感おもちのプリン 湖の餅tae」に続く新しいtaeシリーズ4点を商品化し、3月18日より組合員16店で販売を始めました。いずれも滋賀のブランドもち米「滋賀羽二...

島根県菓子技術専門校

島根県菓子技術専門校

実技コース7月開始 入校受付中  今年も島根県菓子技術専門校の授業が始まりました。この学校は国の認定した訓練校であり、全国でも数少ない公立の和菓子の専門校です。入校式後には、松江の老舗店の社長さんの和菓子について講座がありました。授業では手亡豆を使い餡づくり...

三重県のお菓子のPRと振興に活躍する いせわんこ

三重県のお菓子のPRと振興に活躍する いせわんこ

 第27回全国菓子大博覧会「お伊勢さん菓子博2017」が盛況のうちに幕を閉じてから2年になります。終了後菓子博のマスコットキャラクターとしていろいろな場面で活躍した「いせわんこ」の著作権は菓子博事務局から三重県菓子工業組合に譲渡されました。現在は三重県菓子工...

子どもたちにもっと和菓子を

子どもたちにもっと和菓子を

柏の植樹と、ふるさと大福づくり 柏の植樹  「これ、なあに?」と、柏餅を見た子が言うのを聞いて、本当に驚きました。そして、「葉っぱも食べられるの?」と、別の子が言うのを聞いて、柏餅を知らない子どもがいることに危機感を感じました。柏の葉は、新葉が出るまで冬の間...

和菓子文化の未来とは

和菓子文化の未来とは

女将さんと考える  令和元年5月18日県民交流プラザ和歌山ビック愛会議室に於いて、紀州の和菓子と文化を考える会代表鈴木裕範和歌山大学客員教授の主催で和菓子屋の「女将さん」から見た和菓子文化の未来とのテーマで京菓子の老舗亀屋良長八代目女将吉村由依子さんをお迎え...