秋田県レポート

2015.01.16

道明寺粉など6品学ぶ

和菓子講習会開催

和菓子講習会 秋田県菓子工業組合青年部では、昨年の事業活動として和菓子講習会を、去る10月21日(火)、22日(水)で開催しました。

 講師は福島県耶麻郡猪苗代町より会津豊玉の阿部大三氏をお招きし、秋田県中小企業中央会補助事業を活用して充実した2日間になりました。

 講習会当日は40名の参加で、秋田の素材を取入れた和菓子講習会商品6品、現在秋田県で売出し中の県産の枝豆を原料とするペーストなど、道明寺粉、白玉粉、きな粉など使用し、協賛頂いた㈱林原様のトレハロースやハローデックスの特徴を生かした内容でした。中でも「ほのか」は阿部先生の店舗で好評の「小豆のほのか豆腐」ぷるぷるもちもちの食感や、練切での細工は赤鬼、青鬼はユニークで季節のイベントやお店での演出作りなど好評でした。

 また、講習会開催前日には、講習会準備の他、秋田県中小企業中央会補助事業の一環で講師による勉強会も行われ、実り多い講習会となりました。

 会員それぞれの特徴を生かし、今後の発展につなげて行ければと願うところです。

 秋田県菓子工業組合青年部・酒井邦彦