岐阜県レポート

2014.12.18

若い世代が熱心に勉強

岐阜県和菓子講習会

和菓子講習会 平成二十六年十一月十九日㈬、岐阜の御菓子香梅の工場に西尾智司先生をお招きして和菓子講習会を開催いたしました。

 西尾先生は、全国菓子研究団体連合会会長、大阪二六会会長を務められ、㈱本松葉屋の取締役会長として御活躍中です。

 講習会では七品の新年菓子を教えていただきました。上南羹とこなしの「菓子文庫本」、浮島と白村雨の「牧場の羊」、外郎の「花水仙」、ふの焼の「梅衣」流しもので抹茶羊羹の「元日草」、上用の「千代の友」、煉り切りの「日の出」を学びました。

 受講者五十四名の参加を得た講習会も世代交代が進み、若い人達が熱心に勉強しておりました。将来が楽しみです。

 年に一度ですが四十年以上続く和菓子の講習会の灯を消さぬよう、これからも続けていきたいと思います。

 岐阜県菓子工業組合理事長・小森文夫