イベント開催&レポート,三重県レポート

2014.06.16

全国菓子大博覧会三重大会に向けて

開催地を伊勢市に変更

 成功裏に終わった全国菓子大博覧会広島大会から、早一年が経過しました。平成29年に開催予定の三重大会に向けて、準備を進めています。

 三重大会には、これまでと違ういろいろな課題があります。

 まずは、全国菓子工業組合連合会からお示しいただいた褒賞に関わる問題、続いて展示スペースと販売ブースの完全な分離、そして、全国の菓子工業組合の皆様にお約束した、これまでより少ない金銭的負担などがあります。その他にもまだまだクリアしていかなければならない点は出てくると思われます。

 皆様に納得頂き、今後の菓子大博覧会のあり方の模範となれますような実行計画案をお示しできますよう奮闘中でありますので、なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。

 当初、津市で開催する予定でありましたが、ご来場頂く皆様の宿泊施設や観光等を考慮した結果、伊勢市に開催場所を変更致しました。

 伊勢神宮や伊勢志摩国立公園のお膝元で開催することにより、菓子博覧会だけでなく、三重県のよいところを堪能して頂きたいと考えています。また、うまし国三重の山海の食材を会場で味わっていただける取り組みも計画に盛り込んで検討しています。

 今後も、皆様によい評価を頂ける博覧会を目指して準備を進めたいと身を引き締めていきますので、忌憚なきご意見、ご提案を頂きたいとご期待し、できる限りご要望にお応えし、歴史ある全国菓子大博覧会の一ページに関わらせて頂きたいと希望しています。

 皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 三重県菓子工業組合理事長・岡幸男