イベント開催&レポート,兵庫県レポート

2013.12.18

お菓子の力でみんなに笑顔を

「姫路菓子まつり2013」等を開催

工芸菓子の表彰 兵庫県菓子工業組合では10月から11月にかけて、多くの行事を開催いたしました。

①10月1日から12月1日まで神戸市にて2年に1度開催される芸術の祭典「神戸ビエンナーレ」の協賛事業として、「神戸ビエンナーレお菓子でアートウォーク」を開催。参加店(24店舗)のマップを作成し、お店に工芸菓子やその店の代表的なお菓子を展示いただき、お菓子を購入頂くお客様には特典を設けました。

②10月4日には全菓連主催の「一般的衛生管理及びHACCP等の導入促進研修会」を神戸凮月堂にて開催しました。講師に山﨑技術士事務所の山﨑勝利氏をお迎えし、「安全なお菓子作りと商売繁盛の手法~菓子類の現状と課題」等について講演いただき、参加者から「よく理解出来た」、「自社でも取り組んでみたい」と大変好評でした。

③10月24日には濱田浩二氏(香川県 夢菓房たから、香川二六会会長)をお迎えし、神戸製菓専門学校にて技術講習会を開催。店売7品目のお菓子を制作実演していただきました。豊かな経験に基づいた懇切丁寧な菓子制作の指導だけではなく、店舗経営や従業員の雇用の苦労等の幅広いお話をしていただき、有意義な講習会となりました。

濱田浩二氏④11月1日から5日までは恒例の「姫路菓子まつり2013」を開催し、匠の館では県内の和洋菓子職人と学生による工芸菓子22点を展示、また広島菓子博で全菓博工芸大賞を受賞した「姫路城下 春らんまん」も展示しました。

 上生菓子の制作実演や、菓子教室、実演販売等も行いました。

 また、児童絵画展では子どもたちの描いた「食べたいな こんなお菓子」「作りたいな こんなお菓子」の代表作品(3点)を実際にお菓子として制作し、たいへん喜んでいただきました。

 工芸菓子については審査員による審査と来場者による人気投票により、表彰を行いました。

⑤11月4日には「三田音菓楽」を開催。県内の菓子職人の工芸菓子展示、上生菓子の制作実演、お茶席、スイーツ教室のほか、「スイーツプラザ with フルートコンサート」と銘打ってフルート演奏を聴きながら和洋菓子を召し上がっていただくという催しを行い、音楽とお菓子が一体となった舞台はたいへん好評を博しました。

 また11月1日~30日まで三田スイーツスタンプラリーを行い、参加店(9店舗)のスタンプ4つを集めてご応募いただき、抽選でスイーツをプレゼントするもので、たくさんのご応募を頂いています。

⑥11月17日には「第3回神戸マラソン」が開催され、パビリオン会場に工芸菓子の展示、マラソン参加者抽選会への賞品提供、マラソンコース内給食ブースやハーフマラソンゴール地点でのお菓子の提供をいたしました。マラソン開催日当日は天候にも恵まれ、成功裡に終了しました。

⑦11月18日に団体会員である神戸市生菓子協会主催で小竹睦夫氏(二つ茶屋、現代の名工)、井上正蔵氏(本高砂屋、神戸マイスター)を講師として工芸菓子の技術講習会を開催しました。工芸菓子の講習会は大変珍しく、工芸菓子制作が初めてという方も多数参加して「基本から学ぶことができた」と大変好評でした。

 兵庫県菓子工業組合事務局長・梅木哲也