宮崎県菓子店

2013.10.15

お菓子の南香

「地産地消」と「温故知新」

お菓子の南香 お菓子の南香は宮崎県都城市にあり、霧島盆地に囲まれた大変自然豊かな所です。

 創業明治三十四年、今年で一〇八年、四代目になります。当店のモットーは「地産地消」です。祖父や父から「地元に根付き、地元のお客様に愛される郷土銘菓を作ること」を受け継いできたからです。

 霧島盆地でとれる有機栽培された原料にこだわり実際作られている場所まで足を運び、生産者の方と直接お会いして、原料への思いや苦労を聞かせてもらっています。新鮮で安全そして何よりも情熱と愛情がたっぷり入った原料ですので、その素材を生かしたお菓子作りを常に心がけています。旬の物を積極的に取り入れ、四季を感じられるお菓子をお店に揃えています。

島津荘園 当社の代表銘菓は「都城島津荘園」です。NHKの大河ドラマ「篤姫」でも知られるようになった都城市にある国内最大規模の荘園(島津荘園)にちなんで名付けました。地元産の厳選素材の栗とバイオ茶で栗きんとんを作り自家製餡の小豆餡を高麗餅(これがし)に、天然山芋で都城産の米粉でかるかんを巻いたものです。モチモチッとした食感、素材その物の味わいを生かしたシンプルかつ上品で優しい甘さが特徴です。男女問わず、幅広い世代から人気があり、贈答品としても南香の主力商品になっています。又、霧島酒造で熟成させた最高級の焼酎「霧島」を贅沢に使い、バターケーキと合わせた「本格焼酎ケーキ霧島」は本物の焼酎以上の風味と深い味わいでやみつきになるお客様が多い商品です。季節限定商品では、地元産の厳選栗を使用した「栗きんとん」が特にお客様に喜ばれています。熟練の職人が一個一個手作業で栗の皮をむいたり こしたり、形を作っていますので、当店でしか味わえない口溶けのよさと風味の豊かさが特徴です。

 これからも霧の大地都城の素材にこだわり、お客様の健康と幸せを願い、温故知新(昔ながらの手間ひまかけたやり方を大切にしつつ、新しい技術も取り入れる)の精神で菓子作りに励んで参ります。

 宮崎県菓子工業組合・有限会社お菓子の南香・遠武弘蔵