秋田県レポート

2013.07.15

平成25年度 秋田県菓子工業組合通常総会を終えて

 去る、平成25年5月30日15時から秋田市駅前のホテルメトロポリタン秋田において、平成25年度秋田県菓子工業組合通常総会が開催されました。

 昨年度当初は、デフレや震災の影響による消費の低迷がみられていましたが、昨年12月の総選挙により政権交代がなされ、アベノミクス効果によって、大都市圏を中心に株高・円安などの要因で明るさも見えてきたものの、秋田においては、まだまだ影響が及んでいない中、中小企業団体中央会の助成事業を活用して「新商品開発」講習会を3度にわたり開催いたしました。

 本年度は、JRと観光協会が中心となりデスティネーションキャンペーンが行われることから、昨年の事業を役立てながら、会員各位に情報提供などきめ細やかな対応をしていく予定。また、4月19日~5月12日まで行われた、第26回全国菓子大博覧会・広島の報告がなされ、初めての試みであったブースにおける銘菓の販売に会員が関心をよせ、今後の菓子博への関わり方が変わってくるものと期待を寄せている。

 又、青年部においては秋田市が進める6次産業化に積極的に関わりながら、事業を進めていく予定である。

 秋田県菓子工業組合専務理事・川口雅丈