京都府レポート

2013.05.15

親子で和菓子教室

柊野小学校おやじの会と児童

和菓子教室 2月16日㈯柊野小学校おやじの会と京都府菓子工業組合青年部歴代部長会とで和菓子教室を開催しました。

 参加者は児童と父兄合わせて90名、講師として工業組合青年部歴代部長の後藤幸則氏、中川浩氏、上田孝博氏、上田悟史氏のほか部員合わせて8名で上生菓子の「鈴、桜、菊」を作りました。

 桜の花びらを指で押し広げ白い生地から桃色の生地が出てきたとき「綺麗~可愛い~」などの歓声が出て、皆さん上手く作れました。鈴の紅白の紐をねりきりを捻って作る行程や、菊の16枚の花びらをヘラで切る行程は中々難しく苦戦模様でしたが、親子同士教えあい協力しながら楽しく作りました。

 京都府菓工業組合青年部広報担当・北川善英