広島県レポート

2013.01.15

被災地にお菓子のちからで笑顔を

「スマイル―スイーツ」をプレゼント

山元町ふれあい産業祭でお菓子をプレゼント 小学生たちのメッセージカードを添えた広島のお菓子が、東北の人たちに笑顔を届けた。

 昨秋、ひろしま菓子博実行委員会では、ひろしま菓子博のテーマである第2回「笑顔をむすぶお菓子のちからプロジェクト」を実施。宮城県亘理郡山元町で開催された「山元町ふれあい産業祭」会場で、来場者に「スマイル―スイーツ」をプレゼント。来場者は、もみじ饅頭やクッキーなど、遠い広島から届いたお菓子を笑顔いっぱいで受け取った。実行委員会では、東日本大震災復興支援の一つとして、山元町から数組を菓子博に招待することにしている。

 広島県菓子工業組合・三宅健士