群馬県レポート

2012.12.15

和菓子作りの実演行う

前橋市の市制施行120周年の記念事業

和菓子作りの実演 前橋市の市制施行120周年の記念事業として、「まえばし和の文化の集い」と称して、茶の湯、いけばな、能楽などが一同に会するイベントが行われました。前橋菓子組合(吉沢孝夫組合長)でも、各店舗の銘菓展示と合わせて、有志による和菓子作りの実演を行いました。

 当日は、開始時間から年齢を問わず多数のお客さまにご来場いただき、職人の手さばきを見ながら様々質問が飛び交いました。途中からは作るほうが追いつかず、整理券を発行し、それもお昼過ぎにはなくなってしまうという盛況ぶりでした。多数のお客さまが集まる中、和装で訪れた市長みずから質問に立ち、実演をしつつ組合長が受け答えをするなど、実店舗とは異なる盛り上がりを見せた一日でした。今後も機会を見つけて和菓子の楽しさをアピールしていければと思います。

 群馬県菓子工業組合事務局・柳澤ちえみ