埼玉県菓子店

2012.08.15

川口銘菓「樹里安」

菓子司つくしを中心に共同開発

銘菓「樹里安」、銘菓「芝のゆり」 今回は川口市銘菓『樹里安(じゅりあん)』と、当埼玉県菓子工業組合川口支部である川口市芝菓子製造組合・菓子司つくしさんの紹介をします。

 川口市は荒川を隔てて東京都と接しており、古くからキューポラのある街として鋳物が盛んな全国有数の工業都市です。その一方で市東部、安行(あんぎょう)の植木等近郊農業も盛んな場所です。つくしさんの店舗は安行に隣接した市街地芝地区にあります。

 さて銘菓樹里安ですが、平成8年につくしさんが前記組合代表として道の駅川口安行に出店を期に考案をはじめました。名称の樹里安は道の駅内に有る川口安行緑化センター樹里安にちなんで付けられたお菓子です。開発には川口芝菓子製造組合の各和菓子店が共同参加し出来上がりました。

 商品は、フルーツ餡を乳菓生地で包餡した焼き菓子です。中餡は2種類用意されており、その一つあんず餡は白餡にあんずとホワイトチョコを練り込んでます。もう一方はレーズン餡で、白餡にブランデーに漬け込んだレーズンを入れて和洋折衷に仕上がってます。

 この樹里安最大の特徴は、全菓博に川口芝菓子製造組合として出品し同組合名で大臣賞を受賞している事です。また同組合は同様に製品を同組合名で全菓博に出品し各賞を受賞してます。ふくろうの形をした銘菓『ふくみちゃん』は栄養大賞受賞と支部内での共同開発と全菓博への共同出品が大変盛んです。

 来年は広島で全菓博が開催されます。また新たな製品を出品して会場の注目を集める事でしょう。

 つくしさんは住所・川口市芝5307、昭和42年に開業し平成23年に現住所に移動新築した綺麗なお店で銘菓『芝のゆり』最中は全菓博名誉金賞受賞してます。道の駅安行共々お近くにお越しの際お立ち寄りください。

 埼玉県菓子工業組合監事兼広報・中島祥夫