山梨県レポート

2012.05.15

リニューアル!武田兵糧丸

信玄公祭りで販売

信玄公祭りに出店 甲府盆地が桜色に染まるこの季節、第41回信玄公祭りが4月7・8日と舞鶴城公園を中心に開催されました。

 昨年は東日本大震災の後だった為残念ながら中止となりましたが、今年のお祭りを待ちわびていた13万人のお客様が県内外から訪れました。そして千人を超す日本一の武田二十四氏将甲州軍団武者行列に見入っていました。

 この信玄公祭りで私達山梨県菓子工業組合では、一昨年よりはじめた「武田兵糧丸」を販売しました。この武田兵糧丸は菓子組合に加入している11社で個々に製造した地元の食材を用いた和菓子を中心に、武田二十四氏将にちなみ風林火山の4つの隊に分け1袋に6種類の菓子を詰め合わせたものです。今回は前回までの菓子をもう一度見直しリニューアルしました。このお祭りで販売に至るまでに昨年12月に一般のお客様を招いての試食会でそれぞれの菓子の評価をしていただきました。作り手側にはわからなかったところの指摘があり有意義な試食会になりました。また3月には山梨県中小企業団体中央会祭りでの新発売イベントを経てこの本番を迎えました。

 お祭り当日天候にも恵まれ、地元新聞の記事に載った影響もあり待ちかねていたお客様が多かったように思われます。また「前回の祭りで買えなかった」とおっしゃる方は4種類そろえてお買い上げになりました。準備した菓子も2日間でほぼ完売となり好評のうちに無事販売を終了しました。

 組合員も時期的にも忙しい中、自分の仕事をしながらこの信玄公祭りに向けて協力し、また当日の店番なども交替で行いました。今後も新しい山梨県の銘菓として発展していくように皆で様々な意見を出し合い、食味等の改良を加えより一層おいしい菓子作りに励んでいくつもりです。

 山梨県菓子工業組合副理事長・内田長久