広島県レポート

2012.01.15

「じばさんフェア」に参加

全菓博のピーアールも

じばさんフェア 広島県東部菓子商工業協同組合では11月19日・20日に福山市ビッグローズにおいて開催された「じばさんフェア」に参加致しました。
 組合員8社の銘菓販売、青年部によるフェア限定「ばらシュー」(福山市の市花がばら)の販売、工芸菓子(テーマはばら)の展示と2013年に開催される全菓博のピーアールを致しました。

 2日間の来場者数は、初日の雨の為、約8500名。

 銘菓販売は、各組合員が実演をまじえたり、来場者に試食を配るなどをして、大変盛況でした。

 青年部による「ばらシュー」は、フェア限定の販売商品です。
 ローズウォーターを練り込んだ柔らかいシューパフに、クレームパティシエールとクレームシャンティ、福山産のばらを使ったばらジャムを絞った青年部員の自信作を販売致しました。

 この企画は、青年部員が協議しながら毎年内容を変更しながら行っています。

 工芸菓子の展示は、2013ひろしま菓子博に広島県東部菓子商工業協同組合として出品する為に、本年度より組合内に「工芸菓子部会」を設立し、毎月2回例会を開催しながら技術の習得に努めています。今までの成果を展示発表しました。

 全菓博のピーアールは、ポスターを貼ったり、リーフレットを置いたりして行いました。

 広島県東部菓子商工業協同組合・松浦稔郎