京都府レポート

2011.12.15

ソフトボール親睦大会開催

仕事や団体垣根を越えた交流

ソフトボール親睦大会 平成23年9月26日(月)平安神宮前、岡崎グラウンドに於いて、京都府生菓子協同組合青年部主催のソフトボール親睦会を開催した。お彼岸最終日にもかかわらず、ソフトボール親睦会には青年部員だけでなく、親組合員、日頃お世話になっている関連業者様からも協賛及び参加、応援にかけつけていただいき、天候も秋晴れの最高のコンディションの中で日頃の運動不足を解消しながら、仕事や団体の垣根を越えての親睦会となった。

 試合は小東武史副部長の「お彼岸最中にも関わらずお集まりいただき大変感謝いたします。まだまだ日差しが厳しい毎日、少しでも涼しくプレイする為、午前開催を今年度初の午後2時開催にいたしました。それでは大いに楽しみましょう」と挨拶の後、プレイボール。参加者混合でチームを作り2試合行われた。

 ゲームは1試合ごとにチーム代えを行い、2試合目には参加者の強い希望により異例の軟式野球が行われるなど、和気藹々とした雰囲気で参加者は皆、大いに盛り上がり、互いに真剣にボールを追い、仲秋の夕暮れまで打球の音と共に声援が響き渡った。

 試合後には最優秀選手の表彰が行われ、ゴールデングラブ賞には植松隆行氏(京都菓子原料㈱)、猛打賞には奥村新吾氏(七福堂老舗)、MVPには長瀬裕一氏(㈱美濃与)が輝いた。

 大会終了後、レクリエーション理事の橋本康弘氏が「無事怪我も無く参加者皆が大いに盛り上がりをみせてくれた、本日は本当にありがとうございました。」と挨拶。

 参加者からは「ますます親睦が深まり、やっぱり野球は面白い!!」と喜びの声が聞かれ、日頃、話す事の無い方達とも共にコミュニケーションがとれ、大変充実した一日であった。

 協賛及び参加関連業者
㈱美濃与、京都菓子原料㈱、㈱山梨製餡
 京都府生菓子協同組合青年部庶務、広報担当理事・石塚幸司