青年部/お知らせ・活動報告

2011.08.30

九州ブロック大会in長崎

 平成23年8月20日・21日の両日に渡り、第57回菓子業青年会九州ブロック大会が長崎「弥太楼」で行われました。当日は長崎県知事(代読)、長崎市長からもお祝いの言葉をいただきました。九州ブロック永田会長は、今年3月にあった震災で一時大会中止まで考えたが、この苦難を皆で乗りこえる、がんばれ日本、がんばる東北、「元気を九州から」の合言葉でこの大会を再検討し本日に至りました。例年6月に開催される同大会を8月に変更
したにもかかわらず、多数の方をお迎えすることができうれしく思います。今の経済状況や天災は避けられませんが、今我々の出来ること、お菓子の持つ「やさしさ、幸せ、豊かさ」といった力で一つの仕事に真剣に取り組む姿勢の先に未来の希望を見いだせることを信じておりますと挨拶された。式典後には、「もしも砂糖がなかったら」と題し、講師に㈱入来屋代表取締役脇山壽子社長を迎え、長崎から全国に広まった菓子文化についてのご講演をいただいた。
式典後の懇親会では会場内で東北への義援金も集められた。翌日のエクスカーションは、長崎の歴史や文化の流れを工芸品や写真とともに収蔵し展示してある長崎市歴史文化博物館を見学し2日間の日程を終了した。

長崎大会 021長崎大会 011