宮崎県レポート

2011.07.15

女性研修会に参加して

明日からの店の運営も変わる!

女性研修会 3月29日、宮崎県菓子工業組合の「女性研修会」に参加させていただきました。

 いつもはお留守番役の各店の奥さま方ですが、県菓子工業組合の素晴らしい企画にみなさん胸ワクワクで集まられたようです。

 県内各地からのご参加で、さすが皆さん、第1線で活躍していらっしゃる方ばかり、バスの中でも仕事の話とか、色々な体験談でにぎわいました。

 研修先は、鹿児島県薩摩川内市にある「小城製粉㈱」で、かねてから冷凍山芋や、かるかん粉等々でお世話になっている会社です。

 小城社長様の大変中身の濃い、有意義なお話をうかがい、お菓子屋って、なんとやりがいのある仕事なんだろう!!と、勇気とやる気が湧いてきました。

 工場見学もさせていただきましたが、清潔な工場でそれぞれ品種によって丁寧な作業がなされており、自分の店にくる製品もこうして作られているのだなぁーと感激いたしました。

 また、機械の1つ1つに「ありがとう」の言葉が貼られてあり、これも素晴らしいなぁと思いました。

 同社は米粉100%でパン、カステラ、バームクーヘン、どら焼き等製造されており、工場の横の菓子工房「のせ菓楽」でそれらの製品が売られており、大変繁盛しておりました。

 米粉はグルテンが無いので、混ぜても分離しなくてダマにならないとの工場長のお話でした。
 「米粉のブッセ」の製造講習会もあり、みなさんから活発な質問が出て、研修会に参加のみなさんも大満足でした。

 昼食の時、小城製粉社長の奥様の手作りの「さつま汁」や「おつけもの」のおいしかったこと!!内助の功も『かくあるべき!』と全員感動いたしました。

 明日からの我が店の運営もきっと何か変わるであろう!!と、確信した研修会でした。

 ありがとうございました。

 宮崎県菓子工業組合小林・㈲白川清月堂・白川美恵子