奈良県レポート

2011.03.15

伊那食品の工場を見学

菓子組合役員の研修旅行

伊那食品の工場を見学 奈良県菓子工業組合の役員会は研修旅行を毎年の恒例としております。

 この一泊の研修旅行は自費参加ですが工場見学などをスケジュールに加えておこなっています。ことしは2月14~15日長野県駒ヶ根方面へ出掛けました。駒ヶ根ロープウエイで山頂からの絶景を楽しみにしていましたが生憎の大雪で中止となりました。

 雪見の露天風呂を満喫した翌日は伊那食品の工場を見学させて貰いました。「かんてんぱぱ」の商標で有名ですが、企業目的にも「企業は本来、会社を構成する人々の幸せの増大のためにあるべきです。私たちは、社員が精神的にも物質的にも、より一層の幸せを感じるような会社をつくると同時に、永続することにより環境整備・雇用・納税・メセナなど、様々な分野でも社会に貢献したいと思います。

 したがって、売り上げや利益の大きさよりも、会社が常に輝きながら永続することにつとめます。」(伊那食品工業㈱HPより)とあるように大変ユニークな会社です。

 われわれが菓子組合員だということで製品説明や工場見学も非常に時間をかけて丁寧に案内頂きました。

 また目移りするほどいろんな商品が並んだ売店で我々はおみやげを買い求めました。

 他県の皆様も伊那地方へ観光にお出かけの時には伊那食品を見学されることをお勧め致します。

 奈良県菓子工業組合専務理事・野崎充亮