高知県レポート

2011.02.15

志国高知龍馬ふるさと博開催決定

高知の魅力を全国に発信

「志国高知・龍馬ふるさと博」のパンフレット 昨年はNHKの大河ドラマ「龍馬伝」の放送に伴いまして、龍馬ブームとなり、高知県は観光面で盛りあがりをみせ地場の菓子業界におきましても追い風を受けて忙しい年となったお菓子屋さんもありました。

 本年は「志国高知・龍馬ふるさと博」と銘打って、昨年に続き数多くの観光客を迎えたいと2011年3月5日に開幕し2012年3月31目まで開催いたします。幕末に活躍した志士を中心とした土佐の偉人たちの心に触れる志の偉人伝をテーマに1年間高知の魅力を全国に発信する催しとなっております。メイン会場はJR高知駅の前に「こうち旅広場」の建物を設置しそこを中心に高知県下各地域に広げ、観光客をおもてなしできるよう県全体が一丸となって頑張っていきたいと思います。また、それに伴いキャラクターも8体決定いたしました。昨年に続いて楽しげな1年になってほしいものです。高知県の菓子業界も期待を持ちつつ龍馬を育んだ土佐の風土を丸ごと体感していただくため、高知の「歴史(偉人)」にふれた菓子を制作し販売に結び付けようと何社か思索を始め、一部は商品化になっております。

 また、2年前からしばらく開くことが出来なかった「和菓子技能検定試験」が復活し、若手の受検希望者を募り県下の和菓子技術の裾野を広げるべく取り組んでおります。

 ほかにも当組合がすすめていることは、季節感を大事にした和菓子作りで、四季折々に自然風味を大切にすることを前面に打ち出し、地場の特産物(果実・野菜等)を使用していこうと組合役員一同の考えのもと、いろいろと商品化に力をそそいでおります。

 季節を取り入れた和菓子作りには喜びを感じるものと私は思っております。

 高知県へ是非遊びに来て下さい。

 高知県菓子工業組合事務局長・森下広和