滋賀県レポート

2022.06.15

「滋賀お菓子マップ」作製

滋賀県菓子工業組合青年部

滋賀お菓子マップ 滋賀県はかつて「近江国」と呼ばれ、京の都に近く琵琶湖の水の利もあったことから、政治や経済の要衝でした。そのため戦国時代には名立たる武将が築城・入城し、織田信長の安土城や豊臣秀吉の長浜城や明智光秀の坂本城などを始め、国宝である彦根城の天守など、歴史ファンにとっては外せないところです。

 また今現在、聖徳太子没後1400年を記念し、聖徳太子ゆかりのあるところで様々なイベントが行われております。

 この2年間、新型コロナ感染症で滋賀の観光地も大きな影響を受けている状況で、組合員の中には観光産業に携わる事業所もあることから、組合青年部では、滋賀県の観光名所の紹介と組合員の事業所をかねて「滋賀お菓子マップ」を作成いたしました。

 「滋賀お菓子マップ」は掲載店の店舗写真並びに一押し商品の紹介や各観光地に隣接するお菓子店の紹介などをしております。

 まだ途中完成ですが、今後さらに充実した内容にバージョンアップし組合店や観光地などに設置していく予定です。

 また、令和4年度にはこのマップを活用し、青年部主催の「お菓子教室」招待を特典としたスタンプラリーを計画しております。感染症対策も取りながら、滋賀県各地で小グループにて開催する予定です。

 滋賀県菓子工業組合青年部副部長・瀧澤文彬