岡山県レポート

2022.06.15

楽しくてあま~いスタンプラリー

岡山の和菓子文化を発信

おかやま花より餡子めぐり 岡山県菓子工業組合青年部では、令和3年11月から令和4年1月にて、和菓子文化をさらに広げることを目的に、県内参加11店舗の和菓子店を巡るスタンプラリー「おかやま花より餡子めぐり」を開催しました。異なる11点のスタンプ(11個)又は(6個)を集めてご応募いただいた方の中から抽選でQUOカードを進呈しました。

 今回のスタンプラリーでは、普段、和菓子を食べないと言われている、若年層の方にも和菓子店を訪れてほしいという思いから、SNSを中心に展開し、あえて和菓子を前面には出さない方法で進めることとしました。

 新たに開設した当キャンペーンの公式Instagramでは「押してダメなら、甘く、なれ。―和菓子屋がつなぐアオハル物語―」をテーマとし、女子高校生ヒロインの〝小倉アン〟をイメージキャラクターに、甘いだけじゃない恋の物語を、イメージ写真とともに、毎週1話ずつドラマ仕立てで12週にわたり公開していきました。

御菓子司みづゑ 店内ポスター また、各店舗内には、小倉アンの恋模様をInstagramとは別バージョンのポスターをそれぞれ展示し、SNS経由からの来店を誘致しました。ヒロインの小倉アン役には、岡山を拠点に活動する5人組アイドルグループ「feelNEO」の現役高校生アユリさんを起用し、ポスターに使う写真は、岡山の風景や公園、学校の校舎を使って撮影しました。

 今回、思い切った方法を採用する際には、不安はありましたが、青年部員の中では、何か新しいことに挑戦していかないといけないのでは、という共通認識を持っており、地元広告代理店とともにスムーズに進めていくことができました。

 結果的には、Twitter、Instagramでユーザーからの多くのキャンペーンへの支持のコメントをいただきました!企画開始直後より、Twitterを中心にSNS上で多くの反響をいただき、B2ポスターやSNSなどへの愛のあるコメントだけでなく、「和菓子屋へ行く機会につながった」「好きな和菓子を見つけることが出来た」など多くの反響をいただき、それが当初の目的でもあった「和菓子(店)との機会を作り出す」ということに対して成果として現れたと思っています。

 地元メディアやYahoo!ニュースなどでも大きく取り上げられ、和菓子屋に対する注目も獲得することにつながったと考えます。

 またキャンペーンへの参加が、岡山中心部だけでなく郊外や他県から多数参加されておりSNS上での企画の波及効果が感じられました。

 今回のモデルのあゆり(FeelNEO)さんのSNSやSHOWROOMなどでも話題にしていただき、彼女のファンたちも多数巻き込むことが出来新規のファン獲得につながったと考えています。

 岡山県菓子工業組合青年部・大手饅頭伊部屋・大岸聡武