栃木県レポート

2022.03.15

レオン・ソリューションセンターのご紹介

レオン・ソリューションセンター外観 栃木県宇都宮市にあるレオン自動機は、令和2年10月、本社敷地内に「レオン・ソリューションセンター」をオープンさせました。1階には、和菓子、洋菓子、調理食品、パンなど実際の食品をつくる研究室を設け、自社機でつくる食品レシピの研究や現行機種の用途拡大など、ソフト面からさまざまな研究をしています。コロナ禍にあって、来訪者の数こそ限られましたが、訪れた方々皆さんに満足していただいています。同施設のオープン前は、敷地内に点在する各研究室で目的の研究やテストをするのが定番で、各研究室間を行き来するのがなかなかスムーズにはいきませんでした。現在は、和菓子のテストに来ていただいても、隣の研究室で製パンのラインの見学や成形工程の確認なども容易にできるようになりました。また、技術サービス、営業、エンジニアリング各部門が一堂に会し、専門スタッフが常駐していますので、単体機種のテストのご相談から、工場内ライン全体のご相談まで、ワンストップで対応が可能になりました。

定期的な講習会 そのほかにも、レオン・ソリューションセンターでは、定期的に「和洋菓子」「調理食品」「パン」などの講習会も実施しております。最新機種での実演や最新レシピの紹介など、対面での情報伝達から、Webでの各種講習会の配信まで、いろいろと趣向を凝らして情報発信をしています。

 ここに来れば、食品生産のさまざまな課題を解決できる、そんな施設を目指して、日々研鑽を続けております。スタッフ一同、皆さまのお出でをお待ちしております。

 レオン自動機株式会社広報室