広島県レポート

2021.12.16

技能フェアーで和菓子教室

近隣学生ら200名が体験

練り切りに挑戦する参加者 令和3年11月10日水曜日、広島産業会館西館において広島市内の和菓子処5社及び協賛会社2社の協力の下、広島技能フェアーに参加致しました。

 技能フェアーとは職業開発協会主催の、近隣学生(小・中・技能高専)に技能士の技に触れてもらい、将来の職業選択の参考にしてもらうためのイベントです。

 一般客も入場でき、無料で体験できますので毎回大盛況で、今年は約200名の方に体験して頂きました。

 今回は練り切りの乱菊(色違いを各1個)2個を製造・持ち帰り頂きました。

 小学生低学年には難しかったようですが、概ね好評で、和菓子製造に興味を持ってもらったと思います。

参加した講師陣 コロナ禍の中、対策が大変でしたが(主にマスク・アクリル板仕切り・周りの騒音による講師の声が届かない問題)各講師の方々が声を嗄らしつつ努力され、満足してお帰り頂きました。

 また、お昼休憩時間には、イベントステージにおいて30分の製造技能アピールの場も有り、練り切り細工の代表的な技法を4種類(手形物・鋏菊・針切り・布巾絞り)披露し、多くの観客に好評頂きました。

 広島菓子博の前年から参加しておりますが、和菓子の未来と体験者の笑顔の為に続けていきたいと思います。

 広島県菓子工業組合・増田製粉㈱・中川慎司