岡山県菓子店

2021.10.15

観光菓子から日常菓子へ

新型コロナウイルスの影響により事業再構築

おうちできびだんご 株式会社山脇山月堂(本社:岡山県岡山市、代表取締役:安部益寧)は1881年(明治14年)にきびだんごを製造販売する商店として創業いたしました。140年間、きびだんごを製造し観光業中心として営んでまいりましたが、昨今の新型コロナウイルスの影響から岡山の観光業も大打撃を受け、お土産菓子中心の経営は難しくなりました。そのことから弊社は事業を観光業集中から事業転換し、日常菓子へのシフトチェンジに踏み出しました。

モチトッツォ 日常的に山脇山月堂のお菓子を楽しんでいただくために「おうちできびだんご」という自宅で作れるきびだんごの手作りキットも昨年7月に販売を開始し、ステイホーム中でも多くの方にきびだんごに触れ合っていただく機会を構築いたしました。

 また、今年2月には大福専門店『大福屋山月』(岡山市田町)をオープンし、岡山の方に日常的に山脇山月堂のお菓子を楽しんでいただける店舗を設けました。素材にはとことん拘り、岡山県産備中小豆を使用した「きほんの大福備中小豆」や岡山県産かぶせ茶を使用した「きんとん大福」など定番9種類、季節の大福が3種類と常時12種類の大福を楽しんでいただけるお店となっております。現在は5月に販売を開始いたしました日本版マリトッツォ、通称「モチトッツォ」が多くのメディア等に取り上げていただき、大人気となっております。こちらの商品は連日店舗でも完売となり、コロナ禍でも、多くのお客様にご来店いただき、大変感謝しております。

大福屋山月 新型コロナウイルス感染症によりこの2年間大きく振り回され、会社存続の最大の危機を迎えましたが、ピンチこそ最大のチャンスと前向きに考え、積極的に多くのことに挑戦させていただきました。経営理念である「お菓子を通じて三方良しの会社を目指します」をもとに、山脇山月堂に関わる多くの方に笑顔になっていただきたいと考えておりますので引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。

 株式会社山脇山月堂専務取締役・安部真良

 

会社概要

大福屋山月商 号:株式会社 山脇山月堂
代表者:安部 益寧
所在地:岡山県岡山市中区桑野708-1
創 業:1881年
事業内容:岡山県銘菓の製造・卸・小売販売
資本金:1,000万円
URL:山脇山月堂
   http://www.dango.co.jp/
   大福屋 山月
   http://www.dango.co.jp/daifuku/
【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社 山脇山月堂
TEL:086-276-3013