福岡県菓子店

2021.09.15

クロボー製菓株式会社

お菓子を通してお客様に感動と喜びを提供する

クロボー製菓の焼き菓子 弊社は1920年(大正9年)に黒棒や飴玉などを製造する個人商店として創業しました。

 戦後黒棒の製造をライン化することで、いち早く量産体制を構築し、1966年に社名を現在の『クロボー製菓株式会社』に変更しました。現在は流通菓子ブランド『黒棒名門』をはじめ、白棒・黒糖丸ぼうろ等、黒糖を使用したお菓子を中心に製造、販売を行っております。また、会社敷地内に直営店「久留米黒棒本舗」を構え、作り立ての美味しさを提供しております。沖縄黒糖の島産地を指定使用した「黒棒筑紫路」やノンフライの「えんどう豆かりんとう」、また当日製造・当日販売に拘り、本葛を使った黒糖蒸し饅頭「黒粋糖(くろすいとう)」などを販売しています。

黒棒 筑紫路 弊社の理念は「お菓子を通してお客様に感動と喜びを提供する」こと。その為に弊社では創業以来変わらず、「黒棒の手仕事での黒糖蜜付け」にこだわり、熟練の職人が1本1本丁寧に蜜付けしています。職人による蜜付けのスピードは1分間に一人80本。この素早く蜜に絡めることで皆様に愛されるあの食感・風味が生まれます。昨今、機械化や効率化が叫ばれる中、敢えて手仕事にこだわり、今も昔も変わらない美味しさや想いを届けています。

 黒糖は白いお砂糖と比べて、カリウムやカルシウムなどのミネラル成分が豊富な健康素材です。 しかし、昔に比べ家庭で黒糖を使用する人も少なくなり、そのことを認知されにくくなりました。この現状に鑑み、あまり黒糖に馴染みのない若い世代の方にも、黒糖の美味しさや黒糖が健康素材であることを知って頂こうと、若い世代に人気の洋菓子に黒糖を使用したスイーツ&カフェショップ『黒棒茶寮 Doch』を2014年にオープンしました。

黒棒茶寮 Doch Dochでは、黒糖を使用した焼菓子はもちろん、黒糖を使用した生菓子も販売しており、なかでも米粉100%の生地に大きな黒糖ゼリーの入った黒糖ロールケーキ『Dochロール』は若い方を中心に人気商品となっています。Doch(ドッホ)とはドイツ語で「やっぱり」という意味。新しい事を始めても、やっぱりクロボー製菓のお菓子だね、やっぱり黒糖を使い拘って造っているね、と感じて頂きたいとの想いを込めています。

Dochロールケーキ また、時代の変化やお客様のニーズの変化にも対応する為、黒糖をはじめとした健康素材への取り組みにも力を入れており、国産米粉や塩麴、大豆などを使った「どら焼き(くるどら)」も誕生しました。お客様の笑顔に想いを馳せながら、原料素材やオリジナル性にこだわり、日々新しいお菓子造りに取り組んでいます。

 これからも弊社の仕事に携わる全ての人が理念を共有し、お役に立てるよう成長しながら、弊社らしい温もりと拘りの伝わるお菓子を提供して参ります。

 福岡県菓子工業組合前副理事長・岡田義広