富山県レポート

2021.01.15

とやま菓子まつり TOYAMA SWEETS FES 2020

~コロナ禍で売り上げが激減する県内の和菓子店を応援~

25店舗55種類のお菓子が勢ぞろい 富山県菓子工業組合(中尾吉成理事長)では、11月12日(木)~23日(月)の12日間、富山大和百貨店(富山市総曲輪)の地下1階食品売り場特設催事場にて「とやま菓子まつりTOYAMA SWEETS FES 2020」を開催しました。

25店舗55種類のお菓子が勢ぞろい コロナ禍で県内の和菓子店も売り上げが落ち込み、特に家庭内需要以外(観光、手土産・冠婚葬祭など)の落ち込みは激しく、休業や時短営業を余儀なくされたお店も多い中、県の菓子工業組合として何か組合員の手助けになれないかと考えておりました。全菓連より「菓子類販売促進緊急対策事業」のご提案を受け、新規の顧客獲得、また店名・商品の認知度アップや販路拡大を目的として即売会を企画しました。

 富山県内随一の百貨店に協力を得られたことも功を奏し、参加店25店舗55種類のお菓子が勢ぞろいしました。特設催事場は各お店ならではの技法や地産地消の素材の特性を活かした多種多様な商品で溢れました。チラシの配布、大和百貨店からのSNS発信などのPR活動もあり、普段は取り扱いのないお店の商品が集結するとあって初日から大盛況。開店1時間足らずで完売した商品も多数出ました。販売をプロに委託し、特設催事場のお菓子を1,000円以上お買い上げのお客様には和菓子のプレゼントを行い、お客様にも喜んでいただきながら売上アップにつながりました。

富山③ 「見たこと」「聞いたこと」「味わったこと」がなかった地元のお菓子の発見の機会となった事と思います。ご尽力いただきました関係者の皆さま方に感謝申し上げます。

 富山県菓子工業組合専務理事・㈲志乃原・篠原誠一