広島県菓子店

2020.12.15

菓子工房mike

酒の街の洋菓子店

菓子工房mike 2009年8月、広島県東広島市西条町に洋菓子店「菓子工房mike(ミケ)」を開店。地元の食材や特産物を積極的に使い、添加物は極力使用しない菓子を製造販売している。
 菓子の種類は、生菓子約25種類・焼きタルト約16種類・焼菓子約50種類など洋菓子全般を手がけ、地域密着の菓子屋を目指している。

甘酒たると 特に東広島市西条は、灘・伏見と並ぶ日本三大酒どころであり複数の蔵元が密集している地域でもあるため、日本酒や酒粕、甘酒を使用した菓子に力をいれている。
 県外の方にも「酒の街」として認知してもらえるようなお土産菓子なども製造し、JR広島駅や広島空港でも販売していただいている。

 2017年には「株式会社mike」へと法人化し、従業員の働き方や雇用形態も変化させ、働きやすい環境へと少しずつ改善に取り組んでいる。

御饌cacao 2019年秋には東広島市西条酒蔵通りに明治元年の築約150年の古民家をリノベーションしてチョコレート・焼菓子専門店「御饌cacao(ミケカカオ)」をオープン。こちらでは、県内外のみならず海外からの観光客も呼べる店をコンセプトにしている。例えば、「西条酒」を製造されている全ての蔵元8蔵とコラボした「8種の日本酒トリュフ」や、海外でも人気のある「Bean to bar(ビーントゥバー)」(カカオ豆から板チョコレートまで全て自店で加工製造するチョコレート)も製造販売している。

 地域を愛し、地域に貢献する菓子屋としてこれからも邁進していこうと思っている。

 増田製粉㈱・中川慎司