富山県レポート

2020.01.16

チョコを使った和洋菓子合同実演会

富山県食品研究所で和洋菓子実演会① 令和元年10月29日(火曜日)に富山県食品研究所において、レオン自動機株式会社による和洋菓子実演会が行われました。講師やスタッフの方々には、はるばる遠く名古屋営業所から来て頂き、ありがとうございました。

富山県食品研究所で和洋菓子実演会② 本題の講習会の内容は、最近の流行りであるチョコを使った3品でした。まず最初に最新のレオン自動機の説明があり、シャッター速度を変えたり、製品を切る時のベルトとシャッターの距離を離したりすることでより綺麗な成形をすることができることをOHPによる画像と実際に機械を動かしながら、丁寧に教えて頂きました。そのあと、実演が始まり、材料の配合説明や仕込みの工程・注意点等の他に今回使用した新しい材料の食感や使い方を説明して下さいました。また実演の合間には最近の流行りのお菓子ということで、気になる地方の売れ筋商品、繁盛店を紹介して頂き、その中で、過去の流行りを振り返りながら、みそを使った商品とか、道の駅ではみかん大福みたいなものが最近売れている事を教えて頂きました。

 約2時間余りの実演会の間、参加者は興味津津に聞き入り、実演時は機械を取り囲み、食い入るように見ながら、時折質問を交えての大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 富山県菓子工業組合会計理事・密公昭