茨城県レポート

2019.11.18

食品衛生法等の講習会

安心・安全を提供するために

栄養成分計算ソフトの研修 このほど、茨城県菓子工業組合(理事長大槻和行)で、組合員27名の参加のもと、関係各社及び茨城県の担当部署より講師を招き講習会が開催された。

 平成27年4月1日に施行された、食品衛生法JAS法及び健康増進法の食品表示に関る規定の統合について、イメージ・食品表示基準に基づくルール等々、新・旧基準を比較し研修を深めた。

 また、菓子業界における栄養成分計算ソフトの初期設定、計算作業の始め方について実例等を踏まえ、プロジェクターを観ながら研修を行った。

 参加者は、表示の内容等について変更となることは聞いていたが、実務面になると難しいものがあるものの、安心・安全な食品を消費者に提供することは当然の義務であり、各店舗に持ち帰り、なぜ、これらの表示等が必要であるかの原点を、もう一度資料などを熟読し実践すると参加者一同の感想であった。

 茨城県菓子工業組合・大谷美知子