京都府レポート

2019.06.18

公益社団法人京都青年会議所主催 五月例会に参加

京都ホテルオークラにて

茶道を学び・和菓子をつくるワークショップ 京都府菓子工業組合青年部は、5月16日公益社団法人京都青年会議所からのご依頼で五月例会「茶道を学び・和菓子をつくるワークショップ」に講師として35名が参加致しました。対象は公募招待された一般市民300名。

 第一部は茶道裏千家家元千宗室氏の講演「『宝所在近』~見つけてみようあなたの宝~」を拝聴。

茶道を学び・和菓子をつくるワークショップ 第二部は体験「和菓子づくりとお茶点て体験で身近にお茶を楽しもう」です。

 当青年部講師の代表によるデモンストレーションを会場のスクリーンに映し、それに沿って各テーブル担当講師陣の指導で、参加者が練り切り二品(桜・菊)の菓子作りを体験されました。

 その後参加者は各自でお茶を点て、手作りお菓子と一緒にお召し上がりになりました。

 今回の事業に参加させて頂くことは、幅広い方々にお菓子の魅力を感じて頂くと共に我々にとっても大変貴重な経験となりました。

茶道を学び・和菓子をつくるワークショップ 今後もお請けした事業を我々の糧となることも念頭におき、活動の幅を広げていきたいと考えております。

 京都府菓子工業組合青年部広報・細井由美子