宮城県菓子店

2018.12.18

村上屋餅店

老舗が作る“仙台名物づんだ餅”

村上屋餅店 仙台市内にある「村上屋餅店」さんを訪れてみました。1877年(明治10年)創業の老舗で村上屋餅店の主である村上家は先祖代々、伊達家御用達の菓子司だったという歴史があるそうです。明治時代に菓子司としての経験を生かして餅店を開業した後、大正時代には当時の店主が藩政時代からの郷土料理だったづんだ餅を商品化したそうです。づんだ餅発祥の店とも呼ばれているそうです。現在は四代目店主の今井康雄さんが継承しております。

おはぎとづんだ餅 原料は、宮城県内の契約農家で作られた茶豆を使用しており、もち米は県産の「みやこがね」を使いお客様に美味しいづんだ餅を食して頂くために行程作業に手間を惜しまず真心こめて作っているそうです。またづんだ餅以外にも季節の材料を餡に使った限定品も色々あるそうです。

 店内はレトロな雰囲気でショウケースには和菓子のようにおはぎや焼き団子、大福などが並び、村上屋餅店さんのづんだ餅の魅力は、職人技が作る甘さ控えめながら枝豆本来の風味を生かし、注文を受けてから餅に餡を絡めてくれるので出来立ての優しい香りと美味しさが最高とのこと。

三色餅 おすすめの三色餅(づんだ・ゴマ・くるみ)を注文、雰囲気を含め店内でないと味わえない触感に出会いました。当日もづんだ餅を求めて行列が出来ておりました。日曜祭日などは県外からも、そして沢山の有名人が訪れている雰囲気を感じつつお暇しました。ご多忙にもかかわらず対応をして頂きましたことに厚く御礼申し上げます。

 宮城県菓子工業組合・佐藤あや子