香川県レポート

2018.12.18

11月10日は…「いい糖の日」

希少糖普及協会が制定

マルシェの様子高松市の丸亀町商店街グリーンけやき広場にて、香川県菓子工業組合が一般社団法人希少糖普及協会様と一緒に「かがわ菓子まつり」を平成30年11月10日(土)に開催しました。昨年、希少糖普及協会は11月10日を(いい糖の日)希少糖の日と、制定しました。菓子まつりとしての取り組みは、菓子組合と洋菓子協会加盟店舗の希少糖を使ったお菓子販売、各店の自慢のお菓子販売・今年の香川県産品コンクール受賞作品販売(風月堂 瀬戸のワインロール/シカ 瀬戸のめぐみ)・和菓子作りワークショップ・イートインコーナー・第9回全国和菓子甲子園エントリー作品を希少糖使用した配合に改良しての販売といった内容です。

 商店街のど真ん中といった会場のせいもあって、朝11時の開始前から多くのお客様に立ち寄りいただき、高校生が考えた作品は2つの高校共、二時間ほどで完売し、和菓子作り体験コーナーもお子さん中心に多くの方にご参加いただき、用意していた材料は全て無くなり。お菓子の売れ行きも好調で、大盛況で終えることが出来ました。

お買い物後の「ガラポン抽選会」 来られたお客様達は、希少糖普及協会が用意したコーヒーの振る舞いサービスに和まれたり、お買い物後のガラポン抽選会もあり、また菓子まつり閉場後は、希少糖ハイボールBARにリニューアルされ「いい糖の日」を子どもから大人まで、多くの方に楽しんでいただきました。

 夢のはたらきを持つ希少糖

 希少糖とは自然界にごく僅かしか存在しない糖。近年、香川大学農学部の研究によって希少糖を生産する酵素系が発見されました。希少糖の一つであるD―プシコースという糖には、砂糖が体内に吸収されるのをブロックする効果があり、血糖値の上昇を抑える、動脈硬化を予防する、内臓脂肪の蓄積を抑えたりなどの健康機能があることが、報告されております。さぬき発「レアシュガースウィート」は、D―プシコース入り希少糖含有シロップとして商品化されております。健康なお菓子創りを開発の際には、希少糖を使用してみてはいかがでしょうか?

 詳しくはパソコンにて「希少糖普及協会」をクリック

 一般社団法人 希少糖普及協会/〒760―0017香川県高松市番町1―2―19/TEL087―814―3333/FAX087―802―1755 

 香川県菓子工業組合青年部会長・田村正太郎