佐賀県レポート

2018.06.19

日本一!ようかん祭り

羊羹市場振興を目指し組合一同出店

日本一!ようかん祭り 小城は「日本一のようかんのまち」を宣言。羊羹市場の振興を目指し、地方発オンリーワンのイベントを全国に発信していくため「日本一!ようかん祭り」を第1回平成28年11月20日・第2回平成29年11月19日小城まちなか市民交流プラザゆめぷらっと小城にて午前10時から午後5時まで、開催しました。

 「日本一!ようかん祭り」で組合各社が一同にお店を並べて、小城羊羹のみの試食販売。試食は、各店舗の一押しの羊羹や、通常販売している羊羹、オリジナル羊羹(ごま・ゆず・いちじく・珈琲)など普段試食できないような羊羹も試食でき、お買い求めもできるようにしました。

試食販売 イベントは、切り羊羹の実演をして、切りたての羊羹は乾燥して販売するのですが、切りたてのやわらかい羊羹も試食として振る舞い。ようかんや小城にまつわるクイズで、正解者にその場で使える500円券を配る。羊羹のレシピ・地元の高校生による「羊羹の新しい食べ方レシピプレゼンテーション(こんな食べ方意外と受ける・切り残した羊羹をどう使う?)」など羊羹だらけのイベントを行いました。第1回、第2回とも約5000人以上のお客様がご来場されました。

 お客様が「こんなに小城に羊羹屋さんが有るとは知らなかった、各お店の食感や味がちがう、この羊羹が気に入った、このお店はどこにあるの」など新規のお客様開拓につながり、他には、うれしの茶の振る舞い、羊羹に合う珈琲を会場にて販売していただきました。

 第3回「日本一!ようかん祭り」は来年度2019年に予定しています。

 小城羊羹協同組合企画開発委員長・中島隆