群馬県菓子店

2018.04.19

大甘堂菓子舗

待つだけでなく自ら出向いて情報発信

群馬県の素材にこだわったお菓子 前橋中心街から少し外れたところに私のお店はあります。車社会の群馬県では駐車場の少ない、入りにくいお店などは近年大変厳しい状況に追い込まれています。

私は高校を卒業後、父親の友人の紹介で滋賀県の菓子屋に就職し、何店舗かを転々した後、5年前に戻ってきました。関西で培った技術を存分に発揮して、美味しいものを作っていればお客様にご来店していただけると意気込んでスタートしましたが、群馬県の土地・風土・食文化の違いなどを目の当たりにして、何度も壁にぶつかりました。売り上げも伸びずこのままでは生活することすらしていけないのではないかと考えるぐらいでした。

大甘堂菓子舗 冒頭にも触れましたが車社会の群馬県で駐車場の利用が不便なのはディスアドバンテージです。その頃から私は待つ姿勢から自ら商品を持って行き自らお客様に商品を説明し、食べて頂くことでこんなお店が前橋にはあるのですと伝えて行く商売に切り替えていきました。近郊にある百貨店様に毎月場所をお借りして販売したり、地元の商店街のイベントに参加させてもらったりと続けていくにつれ、ありがたいことに少しずつではありますが認知して頂くようになりました。更に今度はここからご提供させてもらっているお菓子に付加価値を付けるため、材料を見直しし素材の豊かな群馬県ならではの商品アイテムにバージョンアップしていきました。香り高い群馬県産の小麦粉。新鮮な産みたての卵。豊かな大地で育った野菜。季節ごとに収穫される果物など、どれも美味しいものをばかり。この貴重な材料を培った技術で更にまた美味しいお菓子を作る。これが今では私のお店のこだわりになっていきました。このこだわりが今度はお客様に伝わり、狭く入りにくいお店にも関わらずご来店頂けるようになりました。でもまだこれからもこのスタイルは変えません。

待っているだけでは駄目なのです。自分が誇るこだわりをお客様にご理解してもらいつつ、自らで情報発信をしていく。これが群馬県だけでなく関東で・・・・いや全国で・・・・いやいや・・・世界に情報発信していく。夢はデカければデカいだけいいと思います。

言ったもの勝ち!美味しいお菓子を作っています!これからも自らご紹介に伺わせてもらいます!待っていて下さい!この気持ちで私は菓子作りに精進して参りたいと思っております。

 群馬県菓子工業組合・山口剛