茨城県菓子店

2018.04.19

和菓子工房 おじま

~石岡の「菓匠」~

都々一 今回訪れたのは常陸の国の国府が置かれた街、茨城県石岡市で創業六十年以上になる和菓子店和菓子工房おじまさんです。

駐車場の奥に佇む、押し縁下見板張り(おしぶちしたみいたばり)の外壁の、大正~昭和を思わせる古めかしいが新しい木造の建物で、以前の店舗は道路に面した場所にあったが、2011年の震災で被災。奥にあった工房を改築した素敵な和風な佇まいには、お客さんが吸い込まれて行きます。

こだわりは、地の風土と素材、そして季節の美しさ、歳時を大切に菓子づくりに励み、手間を惜しまず原材料にこだわる昔からの職人気質を今も残し『自ら考え、選び、つくる』忘れてはならないのは、その先にある「お客様の笑顔」。ひとりでも多くの笑顔をいただけるよう、真心を込めたお菓子づくりに努めているそうです。

当店おすすめの人気商品は『都々一(どどいつ)』。きんつばのように粒餡がキラリと光る最中。餡は、美味しい小豆の定番十勝エリモ小豆を使用し、じっくりと炊き上げました。最中の皮は、地元茨城の輪種業者に特別に焼いてもらった最中種。この地に眠る初代都々一坊扇歌(しょだいどどいつぼうせんか)の代表歌の焼印を押した、小豆とお餅の香ばしさが際立つ変わり最中です。

また、平成二十四年にスタートした石岡市の事業で「石岡市産品を使用/サンドしている/各店のオリジナリティが加えられている」の3つのルールに基づき、和菓子工房おじまさんを含めた市内13店舗の和洋菓子やパンを扱う職人さんが、それぞれ個性のある『いしおかサンド』で石岡市の農産物のイメージアップと街全体の活性化を目指し、スイーツで地域を元気にする取り組みを行っています。購入は各店舗の他、市内のイベント会場で購入できるそうです。『いしおかサンド』は、同市のふるさと大使に任命されたロックバンド「MUCC(ムック)」のお墨付きでファンも注目しているそうです。

季節ごとのお菓子をぜひご賞味ください。

 全菓連青年部関東甲信越ブロック長・木内政和

 

店舗データ

和菓子工房 おじま和菓子工房 おじま
住所:茨城県石岡市府中2-2-9
電話番号:0299-22-2055