京都府レポート

2018.03.19

3年連続の菓子教室

京都市立紫竹小学校にて(京菓工組青年部)

紫竹小学校の菓子教室 1月13日に京都市立紫竹小学校にて、京都府菓子工業組合青年部は菓子教室を開催した。地域のお年寄りの方々を中心に幅広い年齢層の参加者のもと、菓子作りに取り組んだ。紫竹民生児童委員協議会が月に一度取り組む「健康すこやか学級」の活動の一環として、今回で3年連続の開催。

 青年部島田部長の挨拶に始まり、練り切りの「菊」「桜」を青年部実演のもと参加者とともに作りあげた。その場で作った練り切りを食べながら、上田孝博氏(葵餅)による青年部の活動紹介、京菓子の説明、お鏡餅の話などの講義を行った。

 紫竹小学校の菓子教室を今後も続けていき、毎年の恒例行事として楽しみにして頂ければ嬉しい。来年以降は、練り切り以外の菓子作りも提案できればと思う。

 京都府菓子工業組合青年部広報・武中俊樹