三重県菓子店

2018.03.19

銘菓創庵「新月」

インスタが人気でレシピ本も発刊

1月に発売したレシピ本 今回は、津市にある和菓子店を紹介します。

 店舗は、銘菓創庵「新月」の屋号で創業70年、現在は、三代目店主の川嶋伸介さんご夫婦とご両親の家族4人で経営されています。近くにはしだれ梅で有名な結城神社があり、梅花シーズンには大勢の観光客で賑わっています。

 店主の伸介さんは三代目として伝統のある和菓子と共に創作菓子作りにも励みかつ、選・和菓子職、第2回優秀和菓子職人認定者です。また「お伊勢さん菓子博」ではシンボル展示制作でチーム松のリーダーとして活躍されました。

 お父様の昭夫さんも、和菓子の創作に携わり、現在は三代目に任せていますが三重県菓子工業組合の副理事長として10年以上の永きにわたり組合活動を支えて頂いております。

銘菓創庵「新月」 お店の主力商品は「しんげつ」「かりんとう饅頭」「月下美人」と季節に応じた「みかん大福」「水ようかん」、創作菓子などを製造し店頭及びインターネットで販売する繫盛店です。

 数年前より、三代目店主の奥様である紀子さんが作られる練りきり和菓子が「かわいい」と話題になり、インスタグラムで大人気となっています。

 著書の『初めて作るかわいい練りきり和菓子』を今年1月に初めて発刊され、オリジナリティあふれる創作和菓子が写真満載で紹介されています。造形、パステルカラーの色使い等が新鮮でとても可愛く、また、〝器〟との調合も素敵です。素人である私でも一度作ってみようかなと思う気持ちになってきます。

 紀子さんはnorinriko名でインスタグラムにアップされており、このレシピ本を通して和菓子に興味を持ってくれる人が増えればいいなとの想いで発刊されたそうです。

 更に和菓子ワークショップを各地で開催し活躍されています。

 和菓子が地域、年代を超えて発展発信されていければ素晴らしい事だと思います。

 三重県菓子工業組合事務局・西村博子