岩手県レポート

2018.03.19

いわてS―1スイーツフェア開催

オリジナリティあふれるお菓子が大集合

いわてS―1スイーツフェア 「いわてS―1スイーツフェア2018(盛岡・八幡平元気まるごと発信事業実行委員会主催・岩手県菓子工業組合共催)」は去る二月二十四、二十五日の両日、盛岡市本宮の盛岡タカヤアリーナで開催された。雪によるあいにくの荒天ではあったが、岩手県内各地の自慢のお菓子・パンを楽しむ多くの人で賑わった。開会式では、谷藤裕明盛岡市長に続き、齊藤俊明岩手県菓子工業組合理事長があいさつを行った。

 開催六回目の今回は、岩手県内を中心に過去最多の六十三店舗が出店。こだわりの地元食材を使ったケーキやクレープ、大福などのほかご当地グルメも並んだ。会場では、参加した各店の「スイーツ人気投票」が行われ、来場者は各出店ブースを回って食べ比べながらお気に入りの逸品を探し投票した。ステージでは、人気投票の表彰式や、ゆるキャラや子供たちによる楽しいダンス、出演者によるお菓子まきなどもあり賑やかなイベントとなった。

 岩手県菓子工業組合は、全国の各組合関係者様よりご協力いただき、全国銘菓販売会を開催し、来場者の好評を得た。今後も引き続き地域と連携を図りながら、組合事業を展開して行く予定である。

 岩手県菓子工業組合・小沢仁